最近のトラックバック

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

ブログランキング

  • 教育ブログランキングに参加しています
    にほんブログ村 教育ブログへ

ツイッター

  • ツイッター

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

2006年6月21日 (水)

読み書き計算

が学力の基礎基本という説が流行していますが、

どうもしっくりこないのです。

「読み」+「計算」がしっかりしてたら、

「算数、数学の文章題は、解ける」

という理屈になると思うのですが、

それなら、文系とか理系とかでてこないことになりませんか???

どう考えても、「読み書き計算」の「読み」と、

文章題の「読み」は違う「読み」だと思うのです。

だから、

「よく問題を読みなさい」

っていうのは、無理な相談だと思うのです。

読み方がわからない子に、よく読めといっても無理な話だと。

で、この文章題用の読みについての、研究があまりなされていないと思うのです。

で、それが、いろいろと問題になってきていると思うのです。

2006年6月14日 (水)

3つの事例に変更

陰山学級掲示板(表)

での、

100マスは速いが、筆算ができない

10の合成分解はできるが、他の数の合成分解ができない

の2つの事例は、この学習方法の弱点を映し出している貴重なサンプルではないかと思います。

ここのところを、しっかりと考えてもらいたい。

とのぞいてみたら、

計算はできるが、文章題ができない

という相談スレがたちました。

この事象は、いったいどのくらいの割合で起きているのか?

大変気になります。

もしかしたら、恐れていたことがおき始めているのかも…

2006年6月 7日 (水)

思考の発展

10cmの紙テープを5本、つなぎ目を2cmとって、貼り付けると、全部で何cmになりますか?

という問題の絵がどうしても描けないので、実際に紙を切って、作って考えてもらおうと。

色紙と定規とはさみとのりを渡して、さあどうぞ。

Tape1

 

 

 

なんと、色紙の真ん中から切り抜きだしました。

Tape2_1  

 

  

上のように端っこから、無駄なく紙テープを切るというのは、なかなかに高度な技だったことがわかりました。

ちょっとしたことでも、工夫する力というのが見えてくるのだなあと実感しました。

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »