最近のトラックバック

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

ブログランキング

  • 教育ブログランキングに参加しています
    にほんブログ村 教育ブログへ

ツイッター

  • ツイッター

« 低学年の算数 | トップページ | 円周率 »

2006年9月28日 (木)

囲碁入門

頭脳スポーツの1種目として、囲碁をやってますが

導入部分をいろいろ模索している最中です。

多くの入門書が始めているのは、「石取りゲーム」

そこから、石埋め碁→本碁へといくのが、主流のようです。

でまあ、いろいろやってみるかと考えて、

石を取るルールは教えるけど、やるのは、石埋め碁。

というパターンをやってみたわけです。

あ、盤は9路盤です。

すると、一線、二線から石を置いていく子ばかり。

なので、取られちゃって、石の数は少なくなるから、負けてしまう。

次に、オーソドックスに、石取りゲームから始めてみると、

石埋め碁で、一線、二線に打っていた子も、中央付近から打ち始めます。

石を取るときは、中央。

石を置くときは、端。

と、初心者は考えるようです。

石取りゲームをすると、キリを打ちすぎるし、

石埋め碁では、小さい生きでとどまってしまう。

交互に、勝利条件を変えて、並行してやっていく方法をとっていこうかと思ってます。

« 低学年の算数 | トップページ | 円周率 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/75110/3613336

この記事へのトラックバック一覧です: 囲碁入門:

« 低学年の算数 | トップページ | 円周率 »