最近のトラックバック

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

ブログランキング

  • 教育ブログランキングに参加しています
    にほんブログ村 教育ブログへ

ツイッター

  • ツイッター

« VIVA TOPO | トップページ | 低学年の算数 »

2006年9月12日 (火)

ヒットandブロウ

マスターマインド

1A1B

などなどの呼び名のある数当てゲーム。

2人対戦。

4桁の数字を、先に当てた方が勝ち。

当てるための情報として、

ある数字が、場所も数字も合っていたら、1ヒット(1H)および1A

ある数字が、場所は違うが、ある場合、1ブロウ(1B)および1B

例)

「1234」が答えの場合。

「1394」と聞かれたら、2H1B(2A1B)と相手に伝える。

で、先に、4H(4A)となったら、勝ち。

算数文章題問題集に、iML(国際算数数学検定協会)のものを使っていますが、その7級にこのゲームを扱った問題が出ています。

7級の学年の目安が、5年~6年。

なので、この年代になったら、こういったゲームを教えてあげると、喜ばれると思います。

雨降ったときの、学校での休み時間とかに最適です。

« VIVA TOPO | トップページ | 低学年の算数 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/75110/3416534

この記事へのトラックバック一覧です: ヒットandブロウ:

« VIVA TOPO | トップページ | 低学年の算数 »