最近のトラックバック

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

ブログランキング

  • 教育ブログランキングに参加しています
    にほんブログ村 教育ブログへ

ツイッター

  • ツイッター

« 頭脳スポーツ | トップページ | 解る喜び »

2006年12月15日 (金)

証明問題

中2の数学で、証明を学習します。

基本的に、三角形の合同から、辺や角が等しいことを導き出すものが多いです。

なので、合同な三角形を見つけることができれば、まあ、終わったも同然なところです。

が、苦手な子にとっては、難しいものだということを、教わりました。

Hanare

 

 

上のように離れている2つの三角形が合同であることを見つけられる子が、

Kuttuki

 

 

上の図の問題、

線分ABの垂直二等分線ℓをとり、

ℓ上の点Dと、ABの交点Cをとる。

といった場合。

AC=BCまでは見つけられたのですが、

DC(共通)

これが見つけられないことが判明。

図形を見る目というものは、なかなかに獲得が難しいようで・・・

« 頭脳スポーツ | トップページ | 解る喜び »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/75110/4561127

この記事へのトラックバック一覧です: 証明問題:

« 頭脳スポーツ | トップページ | 解る喜び »