最近のトラックバック

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

ブログランキング

  • 教育ブログランキングに参加しています
    にほんブログ村 教育ブログへ

ツイッター

  • ツイッター

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

2007年6月26日 (火)

オリジナルゲーム(トランプ版)

10までの足し算ゲームです。

まずは、多く普及しているトランプでできるルールを考えてみました。

ジョーカーを除いた52枚を使います。

数字のカードは、そのまま数字としてみます。

絵札のカードは、「=」の意味として、とらえます。

1、1人に5枚ずつカードを配ります。残りは、山札として、真ん中に置きます。

2、順番を決めます。

3、順番のプレイヤーは、山札から、1枚取ります。

ここで、手札の中で、式を作り、出来たら、場に出すことが出来ます。

例)

「8」「J」「8」(8=8という意味)

「3」「7」「K」「10」(3+7=10という意味)

「1」「2」「3」「Q」「6」(1+2+3=6という意味)

そして、式に使った、絵札によって、その後に、特別ルールがあります。

「J」を使った場合、山札から1枚、好きなカードをもらえる。もらった後は、山札をよくきって真ん中に戻す。

ただし、「あがり」のときは、1枚もらわなくてよい。

「Q」を使った場合、手札から、1枚、好きなカードを、他のプレイヤーに押し付けることができる。

場合によっては、押し付けなくてもよい。

「K」を使った場合、山札の1番上のカードを、他のプレイヤーに押し付けることが出来る。

場合によっては、押し付けなくてもよい。

4、式が出来ない場合、式が出来ているが、出したくない場合は、「パス」と宣言して、次のプレイヤーに順番を移す。

5、誰かが手札を0枚にしたところで、「あがり」となり、ゲーム終了。

6、あがったプレイヤーは、得点0。

他のプレイヤーは、手札の数が、ペナルティー点となる。

7、回数を決め、ペナルティー点の一番少ないプレイヤーが勝者となる。

といったところです。

もし、遊んでいただけましたら、感想等教えていただきたいです。

にほんブログ村 教育ブログへ

2007年6月19日 (火)

掛け算と九九

2年生で掛け算を習います。

けど、

いつの間にやら、

「九九」の単元になってしまっている状況を多く見てしまいます。

とにかく、「九九」

掛け算の仕組みは、ほんのさわりだけで、

ひたすら、「九九」

「わかる」より「できる」のいつものパターンです。

3年生で、桁数が増えた掛け算をします。

36×4とか、429×5とか。

○○・・・30個・・・○○●●・・・6個・・・●●

○○・・・30個・・・○○●●・・・6個・・・●●

○○・・・30個・・・○○●●・・・6個・・・●●

○○・・・30個・・・○○●●・・・6個・・・●●

って、意味だからねってことで進んでいくはずなんです。

けど、どうも違う感じで習ってきている子が多く見受けられます。

桁数の多い掛け算の意味を習ったら、結合法則、分配法則を自然と学習しているはずなんですけど、

3×9+5×9

なんて問題が

8×9

と答えが一緒になるってわかる子が、あまりにも少なすぎると思うんです。

力の入れどころが違う気がしてなりません。

「九九」の習得を3年生で。

で、浮いた時間を、視覚化などで、意味を伝えるのに回す。

といったことにすれば、

「九九」を覚えなくちゃいけないプレッシャーに、

子供も保護者も教師も解放されるし、

理論もしっかり身につけられるし、

すべてうまく回るのになあって、ずっと思ってます。

「九九」が2年生の段階でできてないといけない理由が、まったく見つからないんですもの。

にほんブログ村 教育ブログへ

2007年6月14日 (木)

甘く見てると

中2の子、中間テスト、数学の点数を

がった~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~んと落としてきている。

能力的には、何の問題もないです。

というか、できる。

けど、今まで、できてたからかな?

少々安易に考えているところが感じられる。

一回読んだだけで、解った気になってる。

一回解けただけで、理解した気になってる。

まあ、中学の範囲なんで、そんなもんの難易度だってことはわかります。

自分自身、数学の問題なんて、1~10まであったら、1と10しかやんなかったし。

今と違って、なのか、その先生だけなのかわかりませんが、ノート提出がなかったんで、平常点にはまったく影響してなくて、ラッキーでした。

けど、甘く見て、問題に向き合ってると、抜け落ちるところがいっぱい出てくるようです。

テストが返ってきてから最初の授業のときに、やり直しをさせたら、間違えたところがまったくできてなかったときの、理由は、

まだ復習してないから。

だったので、

復習したらできるん?

って聞いたら、

ええ、まあ。

と返ってきた。

それでは、って今回やったら、変わらんじゃないですか。(´・ω・`)

ということで、最後のチャンスということで、もう一回待つことにしました。

中学で数学がわからなくなる子って話案外聞いてきましたけど、できなくなるのは、難しいからってよりも、この子みたいに、

「なめてたら」

って場合の方が多いんじゃないのかなって思いました。

にほんブログ村 教育ブログへ

2007年6月10日 (日)

寝不足?

家にきてます中2の男の子

虫食い算も教材にしています。

使っているのは、佐野昌一著「虫食い算大会」

だいぶ難問にまできました。

Musi  これくらいの

 問題も何とか解ける

 ところまできました。

けど、前回の中間テストでは、ものすごいミスの連発。

aについて、解きなさいという問題で、

a=x-y

a=(x-y)/4(←なぜにここが4に変わるのか、本人すらも記憶がない(苦笑)

おうちの方でのトレーニングで、一日数問、絶対間違えないことを目標に、スピードは無視して、正答率のみを重視してトレーニングしてください。

と、やってもらってます。

で、そのとき出た話が、

この子、今年となりの市に引っ越したんです。

けど、うちに通い続けてくれてる。嬉しいです。

じゃなくって、どうも新築の匂い?薬?が体に合わないようで、

夜もいびきが、最近ひどくなってるし、よく寝れてないみたいなんですとのこと。

病院で診てもらうことになりましたが、計算ミスの原因の一つだったんだろうなあって思います。

元気でないと、勉強もしっかりやれないってことですね。

にほんブログ村 教育ブログへ

2007年6月 4日 (月)

成長

テストで、

80点取った子と、0点の子がいたとします。

その後、同じテストをしたとします。

80点の子は、80点のままでした。

0点の子は、20点になりました。

となったら、

20点の子は、成長した。

80点の子は、成長してない。

今後のことを考えれば、

80点→80点の子は、非常に危険であると思います。

常に、成長しようとする気持ちを持たせていきたいなあと思います。

にほんブログ村 教育ブログへ

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »