最近のトラックバック

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

ブログランキング

  • 教育ブログランキングに参加しています
    にほんブログ村 教育ブログへ

ツイッター

  • ツイッター

« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »

2007年8月29日 (水)

問題集提出

学校の平常点に足されるものに、提出物があるわけですが、

一番主になるものは、問題集(ワーク)ですよね。

で、自分の力でやって、

それで、間違えたところがあるから、赤ペンで直して、

ってやったものなら、いいんですが・・・

学校の進度に追いつけてない子の場合だと、

問題集の問題なんて、解けっこないわけです。

けど、全部赤ペンにするほどの、割り切りはできない。

だから、写して、○にするのと、赤ペンを混ぜるという手をとる子が多い。

だけども、実際にテストしちゃうと、問題集で、○な問題が、まったくできてないということがバレちやう。

ということで、自分の考えでは、出来ないのを認めて、全部赤ペンにしたら?

と思うんです。

と言った話を、学校関係の知り合いと話しましたら、

中学の問題集のチェックなんて、中身見ずに、認印バンバンがほとんどだから、

関係ない先生の方が多いと思うよ。

って言われました。

問題集の出来と、実際のテストの出来を、比較する先生はいないのかな?

自分が教員だったときは、問題集で○だけど、テストは×

(計算ミスとか、原因が明らかなものは除く)

とかあったら、問題集分の点数は低くするから、

って。

そのかわり、自力で勉強したことがわかるものに関しては、

時間切れで問題ができなかったところがあっても、点数はきちんとつける、

と。

問題集に最初から用意されてるスペースでは、途中の式とか書ききれないから、

別の紙に書いて、切り貼りしてね、と。

自力でやってこそ、力になるんだからという点を強く訴えてやってました。

形だけでいいんなら、お金も時間ももったいない。

2007年8月25日 (土)

ずっと勉強していく・・・はず?

テストに合わせた勉強にどうしてもなじめません。

テスト終わっても、勉強はずっと続くんだし、

たとえ、100点であったとしても、そのテストの範囲をすべて習得したわけでもないでしょう。

それが、50、60点とかだったら、未修得の方が、多いぐらいなんでは。

それなのに、その範囲のテストが終わったら、次の範囲へ・・・

って、どうしても納得いかない。

これの繰り返しが、利息の膨れ上がった借金みたいに、なっちゃってるように思う。

借金がドンドン増えてるのに、返済しない

(復習して、過去の範囲を習得することをしない)

これでは、絶対に破産するって。

けど、目先の点数。

自転車操業ですね。

そうやって、高校、大学に入って、何になるのか???????

ずっと、自転車操業?

どこかで、学年やテストという壁を取っ払わないと、いつまでたっても、勉強にならないよ。

2007年8月20日 (月)

顧客層

うちに来てくれてるお家の親御さんの出身地、

どうも、大都市の人が多い。

自分は、田舎の土着民。

そばに、ニュータウンがあるので、

チラシは、地元とニュータウンへ、入れてます。

反応があるのは、ほとんどがニュータウン。

塾というもの自体、田舎には合わないものかもしれないけど、

それだけでなくって、

ゲームが教材というところで、選ぶ人の層は、すっごく狭くなってるとは思います。

顧客満足度は、高い(ように感じる。教室でお迎えにきたお母さんたちと話してる範囲ですが)ので、方向としては間違ってないと思う。

チラシ、地元は今度から外すかな。

2007年8月17日 (金)

iML検定

国際算数数学能力検定の検定問題が届きました。

10人以下でも、団体受験が出来るようになったので、

うちのような、小さいところも、気軽に参加できるようになりました。

会場を、近くの公共施設の会議室を借りて、参加です。

問題をパラパラっと眺めましたが、いつもどおりに、

面白そうな問題が並んでいます。

チャレンジする子には、存分に楽しんでもらいたいなと思います。

2007年8月16日 (木)

これは辛い

√6×√10

を解くのに、

√6×√10

=√2×√3×√2×√5

とした後、書いたのが、

=√60

・・・・・・

あ~、これは辛い・・・

なにをどうするのかが、もう、分けわかんなくなっちゃってるんですね。

2007年8月13日 (月)

受験の神様

このドラマ、なかなか好みです。

毎週楽しみにしてます。

「受験したいの?

(それとも)

勉強したいの?」

この台詞、特に、好きです。

うちの塾に当てはめると、

「点数欲しいの?

それとも

勉強したいの?」

ってところでしょうか。

2007年8月 8日 (水)

計算その2

計算

の続きを考えてみました。

計算の出番は遅い。

順番からしたら、立式の方が先。

ならば、

教科書のページの順番を、

文章題→計算

に変えれば(・∀・)イイ! のでは!

で、思い返してみると、教師時代そうしていたなあと・・・

一つ前の段階まで、復習。

その後の、段階は、自分で考えさせる方法です。

例えば、

3桁×2桁だとしたら、

2桁×1桁、3桁×1桁、2桁×2桁まで、押さえて、

さあ、3桁×2桁、やってみ。

って感じです。

自分の力で壁を乗り切った瞬間はとても嬉しいようです。

ある子は、何回もできなかった末に、ついに、理屈を理解して正解にたどり着きました。

その問題に、その子は、ノートが真っ赤になるくらい、何重にも○を描き続けて、

ほんと嬉しそうでした。

2007年8月 4日 (土)

ひらめき

http://www.mainichi-msn.co.jp/science/kagaku/news/20070804k0000m040058000c.html

脳科学:理研と富士通、プロ棋士の「ひらめき」を共同研究(毎日新聞)
面白そうです。
が、被験者が、強いだけってのは、比較できないんではないかなあと思っちゃいました。
あと、小さい子供の、「あっ」って瞬間も調べて欲しいと思いました。

2007年8月 2日 (木)

投票用紙

選挙があったわけですが、

「投票用紙」

なんて、書きやすいんでしょ!

鉛筆のすべりが最高!

この紙質のノートで勉強したら、何か、頭良くなりそう。

などと、投票しながら思いました。

おわり。

« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »