最近のトラックバック

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

ブログランキング

  • 教育ブログランキングに参加しています
    にほんブログ村 教育ブログへ

ツイッター

  • ツイッター

« 駒落ち将棋 | トップページ | 分数の割り算その3 »

2007年11月30日 (金)

「脳トレ」騒動別考

難しい問題を解いているときは血流が少ないから、

というのが、比較の対象として使われてたわけですが、

もし、

被検者が、

「難しい問題を見たときは、

ああ、これはあかん。自分の手には負えんわい、

って、思考停止する人」

だったら、

血流が少ないのも、当たり前なんじゃ・・・

難問に対して、血が滾るぜ!って被検者だらけなら、別の結果になってたんじゃないのかな?

難問が楽しいと思える子になってほしいと考えている人たちには、

「脳トレ」理論は、受け入れられない理論だということでしょう。

で、これだけブームになったということは、

世間の雰囲気は、

難問に対して、諦める人が多い、

と言うことなのかもしれません。

----------------------------------------

難問ではないですが、来年の年賀状用の問題。

手書きですみません。

小5、6年レベルぐらいかと思います。

Musi

« 駒落ち将棋 | トップページ | 分数の割り算その3 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/75110/9179275

この記事へのトラックバック一覧です: 「脳トレ」騒動別考:

« 駒落ち将棋 | トップページ | 分数の割り算その3 »