最近のトラックバック

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

ブログランキング

  • 教育ブログランキングに参加しています
    にほんブログ村 教育ブログへ

ツイッター

  • ツイッター

« 作図 | トップページ | アニソン »

2008年2月 3日 (日)

テストの受け方

よく

テストのときは、

最初に全部の問題を見て、

出来そうな問題から

やりなさい

みたいな、アドバイスを聞くんですが、

出来そうかどうか判断できるくらいのレベルって、案外、高いんじゃないかなあって思うんですよね。

普通は、出来るかどうかなんて判断つかないんじゃないでしょうか。

それよりも、

やってみて、

ダメそうなら、

さっさと次の問題に行け!

って、言った方が、いいような気がします。

« 作図 | トップページ | アニソン »

コメント

自分もそう言いますね。
特に難易度が高い場合,全体を一気に見ると余計不安が高まるような…
規則正しく前から順番に見ていく方が,真面目な子供にはあっている気がします。
その上でとばすのは構いませんからね。

普通の定期テストは、簡単な順に並んでますしね。
できそうかどうか、判断する時間があるなら、取り掛かったほうが、いいし。
昔から言われてることで、何か、変だなあって思うことは、いろいろありますね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/75110/10235699

この記事へのトラックバック一覧です: テストの受け方:

« 作図 | トップページ | アニソン »