最近のトラックバック

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

ブログランキング

  • 教育ブログランキングに参加しています
    にほんブログ村 教育ブログへ

ツイッター

  • ツイッター

« オリジナルゲーム中継点 | トップページ | テストの受け方 »

2008年2月 2日 (土)

作図

中1の3学期に、いろいろな作図をする学習があります。

3つのものが、教科書で、囲みでくくられて、説明してあります。

1.垂直二等分線

2.角の二等分線

3.垂線を下ろす

けど、これらは全部、

ひし形を描く

ことから求められます。

なぜ、それが、正しいのかの説明のところで、

ひし形になるから

と書かれていますが、

なかなか、そこに目がいくものではないようです。

根っこが同じなのに、別々に分けて書いたので、

別々のものだと先入観を与えてしまうところは、

速さとか、割合の学習に、似ているように思います。

応用力を育てようとするのなら、もっと、ひし形にスポットを当てて

説明していった方が、断然、いいと思うんですが・・・

« オリジナルゲーム中継点 | トップページ | テストの受け方 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/75110/10213575

この記事へのトラックバック一覧です: 作図:

« オリジナルゲーム中継点 | トップページ | テストの受け方 »