最近のトラックバック

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

ブログランキング

  • 教育ブログランキングに参加しています
    にほんブログ村 教育ブログへ

ツイッター

  • ツイッター

« 熱き魂ー島本和彦ー | トップページ | 「10」に光を »

2008年3月27日 (木)

藤原正彦

天才が生まれる風土の条件に3つがあげられる

 (1)美の存在

美の存在しない土地に天才は、特に数学の天才は生まれない

 (2)ひざまずく心

何かにひざまづく心がある。

 (3)精神性を尊ぶ風土

役に立たないことをも尊ぶ風土。

 文学、芸術、宗教など、直接や国たたないことをも重んじる。

 金銭や世俗的なものを低く見る。

 日本は、この3つの条件を見事に満たしている。

 まず、日本には美しい自然がある。

 第二に、神や仏や自然にひざまづく心がある。

 それから三番目に、役に立つものとか近世を低く見る風土がある。

上の、スピーチ集の中での、藤原正彦氏の話の、さわりです。

役に立たないことを、素敵と思える心意気、大事にしたいです。

1+5+9を

=6+9

=15

では、やっぱり寂しいですよね。

1+9+5

=10+5

=15

とか、うむ!って思いますし。

(あれ、たとえが下手すぎかな?)

246×1.5

を筆算で解く。

に対して、

246+(246÷2)

なら、どうでしょか。

エレガントな解法を鑑賞するっていいうのもいいもんだと思います。

解ければ何でもいいって、公式、公式・・・では、

好きになる子は、いなくなっちゃいそう。

« 熱き魂ー島本和彦ー | トップページ | 「10」に光を »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/75110/11873564

この記事へのトラックバック一覧です: 藤原正彦:

« 熱き魂ー島本和彦ー | トップページ | 「10」に光を »