最近のトラックバック

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

ブログランキング

  • 教育ブログランキングに参加しています
    にほんブログ村 教育ブログへ

ツイッター

  • ツイッター

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

2008年5月31日 (土)

分数の割り算あれこれ

ある水道管を使うと、10/9ℓの水をためるのに、5/6分かかりました。

この水道管の1分あたりにためることのできる量は、何ℓですか。

5/6分で、10/9ℓ、

1/6分で、10/9/5=2/9ℓ

1分で、2/9*6=4/3ℓ

なわけですが、

中学3年間で、割り算の考え方を、復習する機会というのは、

ないんでしょうか?

これができなかったのは、高校生。

計算はできても、こんな状態。

何か、

ひっくり返してかけるとか、

意味を教えるとか、

関係なくないか?と。

数量関係をきちんと把握する力を鍛えるトレーニングを

もっとやっていったほうが、いいような気がします。

まあ、きちんと掴めてたら、

すっと、式に表すことができるわけですけど・・・

2008年5月24日 (土)

書かない、描かない

図形や座標系の問題に、

計算問題など、

できる子は、そこまで書かなくてもいいよってところまで、かく。

で、できる。

間違えたり、できない子は、

書かずに(描かずに)、数字をこねくり回して、間違える。

書く必要が無い子は書いて、

書く必要がある子は、書かない。

とにかく書くトレーニング、やってくしかないんですけどね。

中2の子で、

場合の数の範囲、

「樹形図その他、とにかく、書けば、100点取れるから」

と送り出して、

書かずに間違えて、100点逃す・・・

書かない病を治すのは、難しい・・・(´・ω・`)

2008年5月22日 (木)

おすすめ本棚中継

おすすめ本棚その1

おすすめ本棚その2

おすすめ本棚その3

おすすめ本棚その4

誤解語

熱き魂ー島本和彦ー

常用字解

算数再入門

読書感想文

論理エンジン

六度法で書き方

中学数学~基礎編~

勉強しなければだいじょうぶ

子どもの国語力は「暗読み」でぐんぐん伸びる

ちはやふる・数学ガール

算数ラボ

2008年5月19日 (月)

漢字の勉強に

漢字を楽しみながら、学習できます。

漢字の成り立ちを知ることで、ぐ~んとその漢字に親しみを覚え、

頭の中にす~~~~っと入ってきます。

読んでるだけで、楽しくなります。

2008年5月17日 (土)

因数分解などなど

「因数分解」をキーワードに検索される方が最近多いです。

確かに、高1とか中3は、中間の試験範囲ですしね。

3x^2-13x+12

を因数分解するとき、たすきがけが、普通の方法として習うわけですが、

足して、-13、かけて、(3×12=)36となる数字を探して、

3x^2-9x-4x+12

=3x(x-3)-4(x-3)

=(x-3)(3x-4)

といった方法の有効性ってのは、どんなもんなんでしょうか。

あと、高1の範囲では、循環小数を分数で表すところも入ってますが、

3.977777777・・・

の場合、普通の授業では、

100x=397.77777777・・・

 10x= 39.77777777・・・

両辺引いて、

90x=358

x=358/90

 =179/45

で習います。

3.9777777777・・・

=3.9+0.077777777・・・

=39/10+0.777777777・・・÷10

=39/10+7/90

=351/90+7/90

=358/90

=179/45

の有効性はどんなぐらいなんでしょう。

2008年5月14日 (水)

学校訪問用授業

算数で、少人数の形態で、参観授業をすることになりました。

5年生。

担任の先生は、ほんとの1年目の方なので、

こちら側が、たたき台を作って進めていく形にしようかと思ってます。

少人数制なのよね。

何と言いますか、

ある程度の形というか成果というものを出さないと、

自分の働き口が無くなる可能性もあるわけで・・・

非常勤講師がいるととってもいいねえ、みたいなことにしないいけないのだ。

って、気負いすぎるのも、あれですけど、

正直、ネットで検索かけても、少人数でうまくいってる報告書なんて、

見つからないんですよね。

普通に考えて、少人数ならいいってことなら、

過疎地の学校の子は、全員天才にならないといかんわけで、

で、そういうことにはなっていないわけで、

まあ、そういうことです。

まいった、まいった。

2008年5月 9日 (金)

ルールだから

1年生の男の子。

「何やろうかな?」とゲームを物色。

チェスを見つけて、

「これやりたい!」

ということで、

「キングを取ったら勝ち」だけ教えて、

駒の動かし方は、その駒を動かすときに教えていくことに。

ポーンの、初めの一歩が、1マスと2マスになるところで、

「どうして?」

「ルールだから・・・」

ポーンが邪魔して、ルークとかビショップが動かせないとき、

「どうして?」

「ルールだから・・・仕方が無いの」

ポーン同士が見合いになって、動けなくなったら、

「どうして?」

「ルールだから・・・しょうがないの」

以後、

「どうして?」「ルールだから・・・」

ルールがあるから、ゲームになるんだけど、

ルールって難しいですね。

2008年5月 3日 (土)

オリジナルカードゲームその5

備前焼カードゲームを、名刺カード版にしたものです。

ルールも、一部、変更されています。

「bizenA.erd」をダウンロード

「bizenB.erd」をダウンロード

「bizenC.erd」をダウンロード

「bizenD.erd」をダウンロード

「bizenE.erd」をダウンロード

--------------------------------

ルール

備前焼ゲームの遊び方

人数:2~4人ぐらいがいいと思います。

1.まず「かまたき」カードと「アクシデント」カードを抜き、よく混ぜます。

2.一人5枚ずつ配ります。

3.残った山札から5枚カードを表向きに場札として出します。

4.残りのカードに、「かまたき」カードと「アクシデント」カードを混ぜて、よく混ぜます。

それを、山札として、中央におきます。

以上で準備完了です。

---------------------------------

1.ジャンケン等で順番を決める。

2.自分の手番でできること

○場に表向きになっているカードから、1枚選んで、捨て札にする。

○山札から、1枚表にする。

○その後、

 1.1枚手札のカードを場札のカードと交換できる

 2.イベントカードを1枚だけ、表にして、自分の前に置くことができる

 3.仕事の分業カードを使い、他のプレイヤーのカードを1枚もらう

 4.修行カードを使い、表にしたカードと手札を交換する

3.手札の枚数が規定枚数より少ない場合は、場札のカードで補充する

これで、手番が終了です。

4.山札からカードを表にしたとき、

 ・かまたきカードだったときは、脇に置いておきます。

 ・かまたきカードが3枚出たら、その時点で、ゲーム終了です。

5.得点計算

 ・土カードの数字を合計します。

 ・技術カードの数字を合計します。

 ・2つの数字を掛け算します。

 ・イベントカードの得点を足します。

 ・その数字が、得点となります。

6.得点の多い順に、1位、2位、3位、4位となります。

------------------------------------

特殊カードの説明

イベントカード

 自分の手番のとき、1枚だけ、自分の前に出すことができる。

 手札が減るが、その手番では、手札の補充ができない。

 (1周待たなくてはならない)

 イベントカードは、手札として持っているだけでは、得点にはならない。

-----------------------------------

仕事の分業カード

自分の手番のとき使う。

他のプレイヤーの手札の中から、1枚カードを取ることができる。

場に置かれたイベントカードは取ることができない。

-----------------------------------------------

アクシデントカード

山札から表になったとき、全プレイヤーはその指示に従う。

----------------------------------------

修行カード

書かれた枚数まで山札からカードをめくることができる(途中でやめてもいい)

書かれた枚数まで、手札と場札を交換することができる

アクシデントカードが出た場合、その指示に従うのは、修行カードを使ったプレイヤーだけである。

2008年5月 1日 (木)

学力テスト

四谷○塚の、小学生学力テスト、第2弾。

なんと今回も無料。

なぜ、無料に出来るのかわかりませんが、

利用しない手は無いと、思うんで、塾に来ている子には勧めたいなあと思ってます。

けど、学校では、PRできないんですよね。

新聞見てくれればいいけど、

そうじゃないと知らないままだし。

とはいえ、宣伝できないし。

学校は、いろいろ大変ですね。

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »