最近のトラックバック

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

ブログランキング

  • 教育ブログランキングに参加しています
    にほんブログ村 教育ブログへ

ツイッター

  • ツイッター

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

2008年6月29日 (日)

神経衰弱

1年生の双子ちゃん。

神経衰弱してみました。

JQKは、多すぎるからと思って、

1~10でやってみました。

難しかった・・・

当たらな過ぎて、グダグダになってしまいました。

反省。

今回は、

1~5でやってみました。

気持ちが切れずにできました。

調子に乗って、1~6でやったら、

グダグダになりました。

2回目(連戦)だったこともあったと思います。

次回は、1回戦のみで、1~6に挑戦です。

2008年6月24日 (火)

割り算の筆算

またまた、TOH先生の記事にTBさせてもらいました。

前々から、書こうかなって思ってたところだったんで、これを機に、書いておこうと思います。

ちょっと前に、学校訪問がありました。

教育委員会とか、他校の校長が参観しに来るヤツです。

で、5年生の小数の割り算のところをやることにしてありました。

範囲としては、筆算にしないと面倒なくらい桁数が多くなったのってところでした。

自分の考えとして、

割り算の筆算の定石、

(商を)立てる

掛ける

引く

下ろす

が、あんまり好きでありませんでした。

商を立てるで、苦しむ子がいっぱいいるのを見てると。

ということで、提案という気持ちをこめて、

お偉いさん方が教室に来たところにあわせて、

Warihiki

引き算法でも筆算で書けるよ~って、説明してみました。

左が、1個1個引いてく法。

右は、1個1個じゃ大変だから、ちょっと欲張って、

2個ずつ引いてくか法。

割り算なんて、引き算の延長みたいなもんだわなって感じを伝えたかったわけですが、

さすがに、一回の説明だけでは、ピンとこなかったみたいですね。

宿題等で、

Warihiki2

こんな感じに、小さく商を立てちゃっても、そのまま、計算を進めることができるようにしていきたいなあって思ってます。

理屈が、より解ると思うんですよね、こういうことしておくと。

2008年6月20日 (金)

頭に残りづらい?

5年生のテスト

「2.6×21」(筆算で書いてある)の答えと比べて、

「2.6×22」はいくつ多い?

の問題。

筆算を計算して、引き算して、答えを出すレベルで、全員ストップ。

掛ける数が1増えたから、「2.6」と答えられた子が、0人。

う~ん。

3年生での掛け算の仕組み、

頭に残っていなかったようで・・・

単元は、小数の掛け算割り算

ではありますが、

この部分が抜けていたことを、把握できずに、

授業していたのは、失敗ですね。

もともと掛け算ができない子に対しては、

そのように接することをしましたが、

計算できる子に対しての対応が甘かったようです。

これがはっきりしたことで、

今後の持っていき方を考え直す必要が出てきました。

2008年6月17日 (火)

分数の割り算、再び

分数の割り算の説明が、6通り書いてあります。

それ以外にも、小学校の算数について、

詳しく書かれた本です。

分数の割り算は、

「分数」が難しいのか?

「割り算」が難しいのか?

実際の学校現場では、

3年生での、

「割り算」と「分数」両方の、押さえがなかなかうまくいってないからじゃないかな?

ってのが、自分の感想です。

ずっと以前の、

「低学年の算数」って記事と被りますけど、

1,2,3年生で、ほとんど決まるってところですね。

それ以降は、その知識の応用ばかりな訳なんだから。

4,5,6年での、授業では、常に、1,2,3年に気持ちを戻して、

繋がっているんだってことを、しっかり、意識させたいですね。

2008年6月11日 (水)

なし、なし、なし

初任者後補充に行ってます。

後補充しやすい教科ということで、

図工が入ってます。

作品を創って、

その作品を振り返る

自己評価プリントに書いてもらってます。

一番気に入ってるところ

工夫したところ

難しかったところ

などなど。

あ~、ちょっと気になるなあって子のプリントは、

だいたいの項目が、

「なし」

解る気がしてきます。

2008年6月 8日 (日)

数学の家庭学習法

現学年のレベルから、4,5年下の子。

自分の家での、数学の勉強法は、

いったいどうしたらいいんでしょうか?

プライドっていったい・・・

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »