最近のトラックバック

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

ブログランキング

  • 教育ブログランキングに参加しています
    にほんブログ村 教育ブログへ

ツイッター

  • ツイッター

« 分数の割り算、再び | トップページ | 割り算の筆算 »

2008年6月20日 (金)

頭に残りづらい?

5年生のテスト

「2.6×21」(筆算で書いてある)の答えと比べて、

「2.6×22」はいくつ多い?

の問題。

筆算を計算して、引き算して、答えを出すレベルで、全員ストップ。

掛ける数が1増えたから、「2.6」と答えられた子が、0人。

う~ん。

3年生での掛け算の仕組み、

頭に残っていなかったようで・・・

単元は、小数の掛け算割り算

ではありますが、

この部分が抜けていたことを、把握できずに、

授業していたのは、失敗ですね。

もともと掛け算ができない子に対しては、

そのように接することをしましたが、

計算できる子に対しての対応が甘かったようです。

これがはっきりしたことで、

今後の持っていき方を考え直す必要が出てきました。

« 分数の割り算、再び | トップページ | 割り算の筆算 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/75110/21765502

この記事へのトラックバック一覧です: 頭に残りづらい?:

« 分数の割り算、再び | トップページ | 割り算の筆算 »