最近のトラックバック

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

ブログランキング

  • 教育ブログランキングに参加しています
    にほんブログ村 教育ブログへ

ツイッター

  • ツイッター

« 神経衰弱 | トップページ | あっぱれ »

2008年7月 3日 (木)

満腹

6年生のMちゃん。

ゲームタイムが終わって、学習タイムに、

「学校の宿題やる」

で、見てみたら、

計算ドリル、分数の足し算、40問。

うぇっぷ。

満腹です・・・

「これ、いつも、こんなぐらいの量?」

「うん」

「みんな、ちゃんとやってくる?」

「ちゃんと出す子は、あんまりいないよ」

だわな~。

« 神経衰弱 | トップページ | あっぱれ »

コメント

いつもながら思いますが,それだけの問題をやらせる根拠が希薄ですよね。
分かる子にはただの作業でしかない。
分からない子はずっとにらめっこ。そしてできずに翌日怒られる…
何か身になるんでしょうか。

だいたい,ちゃんと出す子があんまりいないような宿題を出す意味って何なんだろ。

勉強をつまらなくする宿題が多すぎですね。
なぜ、そこまでして、嫌いにさせたいのか???

話題はそれるんですが…
今中学校勤務なんですが,中学は家庭学習という名の宿題があるんですよ。
今,○○カップとか言って,提出率をクラス単位で競ってます。
宿題嫌いな自分としては,そんな画一的な教材をやらせているだけでも嫌なのに(もちろん,最初の学年会で反対はしました)それの提出率を競うなんて…
うんざりです。

やってるのは、同じ教材ですか・・・
ってまあ、学校が用意したら、同じになるしかないんですけどね^^;

「提出率」
じゃなくって、
「勉強好きになった率」
とかに、ならないですかね?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/75110/22056526

この記事へのトラックバック一覧です: 満腹:

« 神経衰弱 | トップページ | あっぱれ »