最近のトラックバック

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

ブログランキング

  • 教育ブログランキングに参加しています
    にほんブログ村 教育ブログへ

ツイッター

  • ツイッター

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

2008年9月17日 (水)

やりづらい・・・

後補充で、図工。

友達の顔。

前時までの絵を見ると、

全部、正面。

なぜに、一番難しいところを描く・・・

正面顔は難しいって、

最初は、斜め顔のほうが、顔っぽくなる。

子供に聞く。

「ねえ、正面からしかだめなの?」

「ダメ!」

「描く順番も、鼻からって決まってる!」

(つд⊂)ゴシゴシ

「えっ。酒○式・・・」

こ、これは、どうしましょ・・・

一番嫌いな指導法の後補充って・・・

しかし、

「耳が見えない!」

「見えないなら、描かないんだよ」

「ダメなの。描かなきゃ!」

って、どうなってんの。

2008年9月14日 (日)

オセロ

対象年齢は5歳~となってますが、

5歳でできたら、凄いんじゃないかな?って感じます。

縦横斜めすべての方向ではさんでいる石を理解するのだけでも、とっても高度なものだなあと思います。

それを忘れないようにして、全部ひっくり返すという手順をクリアするのも凄い。

1年生で、最後まで、ゲームを終わらせられる子って、どのくらいの割合でいるのかなあ。

こういうところでも、携帯ゲーム機の弱点が出てる気がします。

ゲーム機では、勝手に、ひっくり返してくれるもんね。

2008年9月12日 (金)

分数も数字だよ

ってことは、なかなか、難しいようです。

特に、方程式を習った後の中学生でおきてますね。

方程式の練習で、整数解ばかりで、分数が意識下から、飛んでしまうようです。

答えが分数になるのがわかると、手が止まって、何度も計算しなおします。

けど、やっぱり分数になる。

思考停止・・・

確かに、答えが整数解で無いとおかしい問題なら、この戸惑いはわかりますが、

そうではなく、ただ、整数じゃないから、戸惑う。

分数の数量としての感覚は、小学校だけでは、身に付かないってことなんでしょうか?

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »