最近のトラックバック

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

ブログランキング

  • 教育ブログランキングに参加しています
    にほんブログ村 教育ブログへ

ツイッター

  • ツイッター

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

2008年10月30日 (木)

いろんなことが難しい

「これなんて読むの?」

kg

「キ・・ロ・・・何?」

むう~。これでは、重さのイメージなんてできないなあ。

10時半の短針と長針を時計盤に描く問題。

短針が、10ぴったり。

むう~。難しい。

「8人子供がいます。一人に1個ずつあめを配ったら、2個余りました。

最初にアメは何個あったでしょう?」

「8÷2=4」

「8-2=6」

「配ったら」に反応しすぎ。

むう~。難しい。

割り算を引き算でやる方法で乗り切ろうとか、そういうレベルではないんだなあ。

根本的に、対策を練る必要がある。

3連休だし、考えるか・・・

2008年10月22日 (水)

割り算難しい

現在、小数の割り算です。

できる子にとっては、式を変形すれば、整数÷整数になるので、

あっという間に終わってしまう単元です。

できない子でも、式変形は、できるようになりました。

ということで、あとは、計算が残りました。

が、

これが難しい。

九九があやふやなので、掛け算を使わなくてもできる方法でいかないといけない。

「7mのロープがあります。2mずつ切って、縄跳びを作ります。

何本できて、何m余りますか」

からスタート。

「1年生に教えるために、足し算と引き算しか使えないよ」

と、制限をつけます。

7-2=5

5-2=3

3-2=1

で、3本と1m余る。

とか、

7-(2+2+2)=1

とか、できてきましたが、

九九が怪しいレベルの子は、大苦戦です。

 -------

    -----

       ---

          -

2mずつ切っていくところを絵にしてみましたが、ピンときません。

「7-2=5で、5m?」

「何本できて、何m余る?って問題だよ」

「じゃあ、5本できる?」

って感じでした。

1学期から、つらいだろうなというのは、解ってましたが、

やってる単元で、できそうな部分だけを頑張ってもらう方式できてました。

けど、やっぱり、根本解決にはならないわけで・・・

頑張って、1年生からリスタート。

さて、どこまで、いけるか???

2008年10月11日 (土)

漢字の練習

非常勤で、TTに入っている5年生で、やらせてもらってる、漢字の練習の宿題です。

ルール

ボーナス漢字を使うと、一文字につき、3点。

それ以外の漢字を使うと、一文字につき、1点。

以上です。

文法というか、原稿の使い方としての、句読点は、一マス使わず、マスの右下に、としています。

子供の作品から、

Ju4  

 

 

 

 

名前や呪文などにボーナス漢字を使って、点数を稼ぐタイプ。

Ju5

 

 

 

 

一つでも、ボーナス漢字を使った文を入れようとするタイプ。

それと、画像はないですが(スキャンしたら、文字が読めないようになるのばかり(´・ω・`))

ボーナス漢字は関係なく、とにかく、漢字をたくさん使って文を書こうとするタイプ。

から始まり、

だんだんレベルが上がってきて、

Ju1 Ju2 Ju3  

 

 

 

 

ボーナス漢字のほとんどを、織り込んだ作品を考えてくる子も出てきました。

よくできた作品は、教室に展示して、ほかの子に見てもらい、次の作品への意欲につなげています。

この宿題の利点は、

自分に合ったレベルで、取り組める。

点数で、自分なりの成長を見ることができる。

素敵な作品を鑑賞することで、意欲がわく。

などです。

欠点は、

手を抜こうとすれば、どれだけでも、抜くことができる。

が一番に上がりますが、

そこは、人間の本能として持っている知識欲や想像力等に、

懸けています。

2008年10月 3日 (金)

コロジカル

公式HP。

http://www.iwaya.co.jp/cological/index2.html

面白いです。

Dvc00081

Dvc00082

対象年齢は、6歳以上と書いてありますが、

上の作品を創ってくれたMちゃん、Tくんの感想で、

「部品を取り外すときに力が要る。

小さい子だと、取ってあげる人が必要」

ってところは、注意点かなと思います。

完全に一人だけで遊べるのは、4年生以上といった感じです。

それより下のときは、大人が一緒に、ですね。

あと、BASICセットのゴールは、音が鳴らないタイプしか入ってません。

やっぱり、旗がポコ~ンって立って、ゴール音が鳴るのが、たまらないので、

拡張セットも買ったほうが断然楽しめると思います。

2008年10月 1日 (水)

修学旅行の班行動

N.Mちゃんは、H小6年生。

月末に、修学旅行が待ってます。

京都の町の散策は、班行動。

N.Mちゃんは、班長さん。

「計画立てるの、めちゃめんどい。

バスどうなってるのかワカランし~」

「他の小学校は、ガイドさんつきなのにさ」

と言ってたけど、

小学校で、班行動させてもらえるのは、

学校の雰囲気がよくって、

児童の能力も、できるというだけ高い証拠。

やんちゃする子がいる学校なんて、団体行動で、がんじがらめだもんね。

やりすぎで、ある中学校では、ディズニーランド、出入り禁止とかあるわけだし。

ぜひ、班長として、実りある修学旅行にして欲しいと思います。

個人的思い出。

金閣寺みるなら、午後の日差しを浴びている時間帯がオススメ。

金閣寺へ行く最後のカーブを曲がった瞬間、照らされて光る金閣寺。

かっこよかったです。

午前中は、光の加減がイマイチ。

やっぱり、夕方。

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »