最近のトラックバック

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

ブログランキング

  • 教育ブログランキングに参加しています
    にほんブログ村 教育ブログへ

ツイッター

  • ツイッター

« 叱る | トップページ | 簡単そうで難しい »

2009年4月29日 (水)

正負の計算 トランプ ブラックジャックもどき

「正負の数 トランプ」

といった検索ワードでたどり着く方が、とっても増えてます。

中学校1年の関係者(先生・保護者)の方々なんでしょうか。

 

ゲーム化するなら、既存のゲームのルールを元にすると作りやすいですね。

正負の数だけでなく、他の単元でも、応用できると思います。

 

とりあえず、今回は、正負の足し算のトランプゲームその2を。

というか、その1は、本のものですが・・・

 

1~10の40枚。

基本のルールはブラックジャックから。

まず、親1人、ほかの子は子。

カードの数値は、黒はプラスの数字。

赤はマイナスの数字とする。

全員に裏向きにカードを1枚配る。

次に、表向きに、全員にカードを1枚配る。

ゲームの勝者は、数字の合計が「0」に近いプレイヤー。

子は、自分の番が着たら、親から、カードをもらうか、もらわないかを、親に伝える。

一人の子のカードの受け渡しが終わったら、次の子のプレイヤーに移る。

全部の子のプレイヤーが終わったら、親が自分の意思で、どこまでか、カードを引く。

全員が終わったら、最初の裏のカードを表にして、計算し、

子は親よりも「0」に近ければ勝ちで、1点獲得。

親が、子よりも「0」に近いときは、勝った子のプレイヤーの数だけ得点。

同点の場合は、引き分け。

ただし、ブラックジャックのバーストに相当するラインとして、

-12を超えた場合と+12を超えた場合は、バーストとして、無条件負けとする。

 

といった感じでしょうか。

バーストの基準は、適当です。

テストプレイしていって、ちょうどいい値を出せれば、より面白くなると思います。

1からゲームを作るのは、とっても難しいですが、こういう作り方なら、案外出来ますので、いろいろと作ってみて、使っていただけるといいなあと思います。

« 叱る | トップページ | 簡単そうで難しい »

コメント

サイト運営し始めた者なんですが、相互リンクしていただきたくて、コメントさせていただきました。
http://hikaku-lin.com/link/register.html
こちらより、相互リンクしていただけると嬉しいです。
まだまだ、未熟なサイトですが、少しずつコンテンツを充実させていきたいと思ってます。
突然、失礼しました。
kJbONIIh

hikakuさん:
コメントありがとうございます。
あなたのサイトを見ることができないので、判断できませんので、今は、相互リンクできません。
すみません。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/75110/29347282

この記事へのトラックバック一覧です: 正負の計算 トランプ ブラックジャックもどき:

« 叱る | トップページ | 簡単そうで難しい »