最近のトラックバック

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

ブログランキング

  • 教育ブログランキングに参加しています
    にほんブログ村 教育ブログへ

ツイッター

  • ツイッター

« どうぶつしょうぎ | トップページ | 第1戦目 »

2009年4月11日 (土)

心の奥では

Uroko先生の記事を読んで、

ああ、そういや、昔に、計算ミスのこと書いたことあったなあって

戻って読んでみたら、

根性論だった・・・・・・・・・・。

内容を忘れてるところが重症ですね。

 

自分で見つけて欲しいなあという気持ちが強くて、

あんまり言わないんです。

なので、ミスをなくす方法として教えていたのは、

九去法とか、代入法とかの確かめ算的なもの。

けど、1回目が遅いんでは、使いようがないですわな。

 

やっぱり、自分で気づけってのには限度があるのかなあ・・・

けど、自分で見つけて欲しいなあという希望もある・・・

けど、受験は待ってくれないからなあ・・・

 

ただ、不思議なことに、計算ミスがほとんどの子が減ってる。

何かやってる中で、減らす薬が混ざってるみたい。

って、それを具体的にしなくちゃ、プロじゃないだろ!って怒られてしまいますが・・・

« どうぶつしょうぎ | トップページ | 第1戦目 »

コメント

とりあげていただきありがとうございました。
いつもありがとうございます。

>自分で見つけて欲しいなあという・・・・

これが理想ですが、なかなかはっきりした形にできる子はわずかしか。
こちらもヒントで誘導する方法をとっていますが・・・

でも“工夫しよう、何かないか?”という意識が少しでもある子は
それだけで計算が正確になっていくことは確かだと思います。

ただ教え込んだのはまったく効果がありませんが・・・

思い通りにはなりませんね (^-^;;

Uroko先生ありがとうございます

>“工夫しよう、何かないか?”という意識が少し
>でもある子はそれだけで計算が正確になって
>いくことは確かだと思います。

使ってる問題集では、ほとんどが、工夫できる計算になっていたのが、向上している一つの原因かもと思いました。

>ただ教え込んだのはまったく効果がありませ
>んが・・・

ほんとにそうですね。
じかんがちょっとでもたつと抜けちゃって。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/75110/29063101

この記事へのトラックバック一覧です: 心の奥では:

« どうぶつしょうぎ | トップページ | 第1戦目 »