最近のトラックバック

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

ブログランキング

  • 教育ブログランキングに参加しています
    にほんブログ村 教育ブログへ

ツイッター

  • ツイッター

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

2009年5月26日 (火)

考えるのは難しい

ちょっ、まだこっちの手番が終わってません!

ちょっ、前の一局と同手順で負けるのは・・・

ちょっ、独り言風に、作戦全部ばらしてるのに、作戦にはまるって・・・

 

自分の番になったら、一呼吸置いてね。

2009年5月24日 (日)

大量にやる

うちは、学校の単元にあわせた事をすることがなく、

チャレンジする問題等も子供それぞれ。

頭脳スポーツでのトレーニングもしているし、

来てくれるお家は、学習塾というよりは、「習い事」という感じ。

なので、学校の勉強は、他のところでやっている子も多い。

で、そっちで解らないところがあったりしたところを、フォローすることもあるんだけど、

進学塾というのは、ものすごくやるのだなあとビックリする。

やる量も、時間も、めちゃ多い。

 

けど、あれだけやって、こんなぐらい?

というのを定期テストを見せてもらって、感じることが多い。

 

なんとなく、やりすぎが逆効果になってないかって感じです。

 

量で攻めるというか、攻略するってのが、どうも解りません。

よくテレビでやってる鉢巻しての合宿とか見てると、怖くなってきちゃいます。

好きでやってるなら、いいのかなあ。

けど、一人一日24時間は変わらないのに、あれだけ、勉強に回すって・・・

まあ、好きでやってるから、いいんですで終わりか。

2009年5月20日 (水)

囲碁6路棋譜超初心者

【棋譜再生】 

うまくいったので、日付等のデータを

5月2日

先手:年長男の子

後手:小3男の子

ルール説明しての最初の1局。

26手まで、先手の中押し勝ち

【棋譜再生】

同日。

先後を変えて、2局目。

白の中押し勝ち。

2009年5月14日 (木)

余白

2=x-1

という方程式を解くとすると、

-1を移項して、計算して

3=x

これだと、1行で終わりです。

 

けど、心配になる子もいて、

x-1=2

x=2+1

x=3

とするわけです。

3行になりました。

納得できるレベルによって、書く量が変わるわけです。

で、テストの問題を解くスペースですが、

狭い場合が多い。

細かく書かないと心配な子は大変です。

すごく小さい字でこまごま書いていきます。

小さすぎのために上の数字と下の数字がゴチャゴチャになったりして間違えてしまったりします。

何とか、余白をいっぱい書く子に合わせて欲しいなあと思います。

 

まあ、問題が多すぎってことも含みます。

数で平均点を維持しようなんて考え方はやめてもらいたいなあ。

2009年5月10日 (日)

やっぱり難しいっぽい

一つ前の記事の

A-A=0

A÷A=1

の区別ですが、

高3の子も、

30÷30=0

としてました。

やっぱり難しいみたいです。

2009年5月 1日 (金)

簡単そうで難しい

A÷A=1

A-A=0

ごちゃ混ぜになる子は案外いるのだ。

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »