最近のトラックバック

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

ブログランキング

  • 教育ブログランキングに参加しています
    にほんブログ村 教育ブログへ

ツイッター

  • ツイッター

« 学校での習字の時間(案) | トップページ | ツギ »

2009年6月30日 (火)

これからこれから

最近入ってきた小3男の子。

ドラえもんの歴史ゲーム(ボードゲーム)がやりたい。

けど、小1の妹も一緒なので、もうちょっとお預け。

いろいろな言葉を知っているし、歴史ゲームがやりたいと言っているので、

歴史上の人物の名前もいろいろ知っている。

知的好奇心は高いことがわかります。

で、ゲームの時間が終わって、勉強の時間へ。

IMLの問題集をやる。

小町算の、足すと引くの記号を当てはめていく問題に挑戦。

15分後、時間切れで終了したわけですが、だいぶストレス溜まった感じ。

で、次の週に再チャレンジ。

15分後。

コタツをど~~~ん。

とってもストレス溜まった感じ。

今まで、壁らしい壁に出会ってなかったんだろうと推測されます。

解けない問題はやらせないし。

ずっと教えないし。

壁を越える瞬間が楽しみです。

« 学校での習字の時間(案) | トップページ | ツギ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/75110/30347410

この記事へのトラックバック一覧です: これからこれから:

« 学校での習字の時間(案) | トップページ | ツギ »