最近のトラックバック

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

ブログランキング

  • 教育ブログランキングに参加しています
    にほんブログ村 教育ブログへ

ツイッター

  • ツイッター

« 長くなったので、コメントをコピペ | トップページ | これからこれから »

2009年6月25日 (木)

学校での習字の時間(案)

1時間では、無理。

ということを去年は再確認しました。

自分が教師やっていたときには、自然とやっていたことですが、

専科として入ると、時間の枠が、とても枷になりますね。

そこで、

習字は月1回。

その代わり、2時間授業。

これでどうでしょう。

準備も片付けもばっちりです。

時間を気にせず、しっかりと書き込むことができます。

全員の字に朱を入れることも、余裕です。

作品の質も自然と上がります。

時間割としては、国語+総合というところで、処理していくということでどうでしょう。

習字道具の持ち運びに関しても、月一回なら、面倒でもないし。

もし、チャンスがあったら、提案して行こう!

« 長くなったので、コメントをコピペ | トップページ | これからこれから »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/75110/30276521

この記事へのトラックバック一覧です: 学校での習字の時間(案):

« 長くなったので、コメントをコピペ | トップページ | これからこれから »