最近のトラックバック

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

ブログランキング

  • 教育ブログランキングに参加しています
    にほんブログ村 教育ブログへ

ツイッター

  • ツイッター

« ツギ | トップページ | 正答率 親の年収比例 »

2009年7月18日 (土)

海外のボードゲームやカードゲームを

こちらの記事で、ゲームもいいものですよとあります。

上の記事では、電源系ソロプレイもののお話でしたが、

最近は、海外のボードゲームを扱うお店が増えてきました。

通販のアマゾンからも、いっぱい買えます。

一昔からは考えられない変化です。

ぜひぜひ、多人数ボードゲーム、カードゲームに触れてみてください。

効能:

電源ゲーム機との一番の違いは、ソロプレイではないこと。

ルールの判定を、人間がすること。

(一番の違いっていって、2つ挙げてるのは、ご愛嬌で^^;)

この違いが、プレイする上でとても重要な点になります。

例を挙げるために、両方に登場している将棋を取り上げてみましょう。

CPU戦ですと、こちらの同じ差し手には、同じ手が返ってきてしまいます。

プログラム上のこの対応を調べていくと、そのソフトに必ず勝てる手順が見つかってしまうわけです。

しかし、人間相手ではそういきません。

プロ棋士の人も言いました。

「3手読めれば、プロになれる」

と。

ああして、こうしてくるだろうから、こうする。

この、「こうしてくるだろうから」を考える楽しみが対人戦にはあります。

次に、ルールの適用が人がしないといけないということ。

将棋で、動かしてはいけないところに動かしたりしちゃうのに、両者とも気をつけないといけません。

角は斜めに動くので、よく間違われる駒ですが、

電源ゲームソフトなら、そこには動かせませんとゲームから警告を出してくれる。

オセロなんかでもひっくり返し忘れとかがおきない。

これは便利だけど、人間の能力の低下のお手伝い機能だと思います。

 

ルールを守って、相手の考えることを推し量って、真剣に対戦するゲームの楽しさ。

ぜひ、多くの人に体験して欲しいなあと思います。

« ツギ | トップページ | 正答率 親の年収比例 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/75110/30589035

この記事へのトラックバック一覧です: 海外のボードゲームやカードゲームを:

« ツギ | トップページ | 正答率 親の年収比例 »