最近のトラックバック

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

ブログランキング

  • 教育ブログランキングに参加しています
    にほんブログ村 教育ブログへ

ツイッター

  • ツイッター

« 掛け算不完全 | トップページ | 宿題としての読書感想文 »

2009年8月24日 (月)

筆算とかの手順というもの

一つ前の記事で、

掛け算の筆算にやり方、忘れた~

と言った子のことを書きましたが、

高2の子で、4桁割る1桁の筆算ができないということが、今日わかりました。

(数学の苦手レベルが凄いので、小学校の復習とかをしていたから)

確かに、中学、高校で、桁数の多い割り算は出てこないけど。

 

う~~~ん。

こういったのは、解っていることなら、絶対に忘れないものなので、

忘れてしまうということは、

解ってない

ということなわけで。

手順丸暗記型練習法は、やっぱり怖い!!!と思います。

« 掛け算不完全 | トップページ | 宿題としての読書感想文 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/75110/31090978

この記事へのトラックバック一覧です: 筆算とかの手順というもの:

« 掛け算不完全 | トップページ | 宿題としての読書感想文 »