最近のトラックバック

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

ブログランキング

  • 教育ブログランキングに参加しています
    にほんブログ村 教育ブログへ

ツイッター

  • ツイッター

« 学校の言うことは信用するなという塾 | トップページ | 泣くまで追い込む塾 »

2009年9月24日 (木)

将棋入門考それから

どうぶつしょうぎの、市販版の売れ行きも好調だそうで、

嬉しいことですね。

さて、将棋の始めの取っ掛かりは、

駒の動かし方

に注目が行きますが、

どうぶつしょうぎ等、動き方が駒に書いてあるものでも、

ある同様な現象が見られることが解ってきました。

それは、

「先に損はしたくない」

という心理が強いということです。

将棋は、

歩の突き捨てから試合が動いていきます。

まず、自分が損をしてからが始まりなのです。

けど、初心者は、それが嫌です。

歩の突き捨ては、とても高等な考えなのです。

「損して得とれ!」

この考え方が飲み込めると、序盤戦が一気に上達するような感じがします。

« 学校の言うことは信用するなという塾 | トップページ | 泣くまで追い込む塾 »

コメント

同感しきりです。

将棋だけでなく碁でもまったく同じですね (^-^;;
初心者の場合は石を攻めると取られることを怖れて必ず逃げてくれる。
上級者だと安易に攻めにはいけません。上手に捨てられることが怖いから。

取られる恐怖でなく、取らされる恐怖(捨てられる恐怖)が上級者どうしの碁です (-_-;;

ウロコ先生、コメントありがとうございます。
実生活でも、同じですね。
自分だけが得をしようとするのは、まず、うまくいかないですね。
碁の振り代わりなんかも、そんなところを表現しているなあと思います。
さすがに、6路だと、捨石技はあまり出てこないですが、何かうまいところ気付かせられたらなあと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/75110/31506965

この記事へのトラックバック一覧です: 将棋入門考それから:

« 学校の言うことは信用するなという塾 | トップページ | 泣くまで追い込む塾 »