最近のトラックバック

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

ブログランキング

  • 教育ブログランキングに参加しています
    にほんブログ村 教育ブログへ

ツイッター

  • ツイッター

« どうぶつしょうぎの駒落ちと、本将棋の駒落ちその2 | トップページ | 教えたくても教えることができない »

2010年3月11日 (木)

なぜ増える???

将棋をやりたいというわりに、研究はしてこない子にちょっとがっかりなことは前に書きましたが、今回は、囲碁で。

6路で石埋め碁をやってます。

今日の子。

こっち「ハンデで、好きなだけ置いていいよ」

子供「じゃあ、4個」

置き方も、自由です。

で第一試合開始。

こっちの負け。

こっち「じゃあ、2回戦。好きな数、石を置いていいよ」

子供「じゃあ、7個」

こっち「(えっ・・・)」

第二試合、こっちの負け。

こっち「じゃあ、第3試合、好きな数、置いていいよ」

子供「じゃあ、年の数で、9個」

こっち「( ゚Д゚)・∵.(心の叫び)」

第3試合、こっちの負け。

こっち「じゃあ、第4試合。好きな数、置いていいよ」

子供「じゃあ、10個」

こっち「・・・・・・・・・・・」

試合はもちろん負けですが、

これは、どういう心理から来るものなのか???

ワカラナイ。

普通、勝ったら、ハンデ減らしていかないかなあ???

楽勝なゲームしても、面白くないと思うし・・・

実にワカラナイ。

« どうぶつしょうぎの駒落ちと、本将棋の駒落ちその2 | トップページ | 教えたくても教えることができない »

コメント

表(?)の方にも書き込んでいるのでわかると思いますが,ストⅡを楽しくやっています。
それをやっていて感じることは多いですね。
いわゆる「キャラ差」ってやつです。

こちらがザンギエフを使うときのみ本田を使う。
フェイロンだとDJやバルログのみ(辛いキャラはたくさんいるけど)。
勝ち負けしか頭になく,「勝つ」ことのみを求めているのかなあ。

自分だったら逆に厳しいキャラに入って勝つまでやるって感じですがね。
その場合の達成感は遙かに高いから…

最先端の研究はまだまだ進んでるみたいですね。
DJダルは5分。ファイヤーを一発とばれたら、2段でこかして、ピヨり3拓で仕留めることができるそうで。
DJガイルは、圧倒的にDJだそうです。
5ON5では負けましたが、野試合で、ムテキくんに、今の攻略レベルでは絶対勝てないって言わせてきたそうです。
あと、ダルガイルは、ガイル側がゲージ溜めたら、ダル打つ手なしまで持っていけるそうで、ゲージなしのときに、どうするかが進むと、6:4あたりまでいけそうとのことです。
向上心がなくなったら、どんなことも、終わっちゃいますよね。

くわしいことはあっちの掲示板に書くとして(?)
大事なのはプラス思考ですよね。
例のゲームで言うと,最初からキャラ差に負けの理由を求めてもいけないってことかな。

少し話題は変わりますが…
先日娘の運動会がありました。
徒競走。去年は1位,しかもリレーのメンバーにも選ばれるなど,我が家にとっては快挙でした。
今年はというと,4位…。少し残念でした。
以下,娘との会話です。

「よくがんばったね。でも4位はちょっと残念だったね。」
「え,何で?負けたのなんてぜんぜん悔しくないよ。」

確かにそうなんですが…
やっぱり勝ち負けがあるものはちょっとこだわってほしいです,親としては。

難しいところですね。
悔しさの向こう側にあるものまで、一気に到達しちゃえばいいんだろうけど。
頑張るエネルギーがあれば、なんでもいいのかなとは思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/75110/33728371

この記事へのトラックバック一覧です: なぜ増える???:

« どうぶつしょうぎの駒落ちと、本将棋の駒落ちその2 | トップページ | 教えたくても教えることができない »