最近のトラックバック

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

ブログランキング

  • 教育ブログランキングに参加しています
    にほんブログ村 教育ブログへ

ツイッター

  • ツイッター

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2010年6月23日 (水)

古山明男氏

古山氏のブログ

「変えよう!日本の学校システム」より

「無農薬教育とは」

自分も教員時代にやってました。

幸い、学級崩壊にはなりませんでした。

けど、無農薬教育をよしとしない保護者や、教務がいた場合は、そちらの対応でとても苦労しました。

それに、全員に効果があったかというと、そういうわけにはいかず、

うまくいった子にはとてつもない印象を与えた半面、

そうでない子は、まったく変化なしで終わってしまったのが実際でした。

現在の塾でも、

この方法が肌に合うおうちの子は、子供も保護者も満足してくれていますが、

今の制度での成果を求めるおうちの子は、途中でやめていってしまってます。

この価値観を認めてもらい、今の制度の中でも、揺るがず、信じて、やっていくというのは、とても難しいことだと思います。

けど、難しいからあきらめていては、先がないので、これからもがんばっていきたいと思います。

2010年6月21日 (月)

必死で勉強

小中学生レベルで、一日のほとんどを勉強に使うとか、

私にはわからない世界です。

高校大学ならわかるんだけど・・・

中学部のある塾何かが、

「この夏が勝負だ!」

とかあおるじゃないですか。

中学レベルで、一日費やして勉強してたら、

高校入った後はどうなるの???

こんなに時間を取らなきゃならないってのは、

勉強の仕方自体が、その子に合ってないってことでしょう。

小さい時に、躓いた箇所があり、進度が遅い場合だって、

むりくりスピードアップをしたら、壊れてしまうと思うんです。

周りの空気に流されるから、一個でも上のレベルの学校へ行かなくちゃいけないっておかしいと思うんですよね。

周りの空気に流されない心を鍛える方が優先されることじゃないんかな?って思うんですよね。

ぎゅーぎゅーに勉強させられるのがいやになって、うちに来て、ほっとしている子を見てるとそう思うわけです。

どうなんでしょ?

2010年6月 4日 (金)

ゲームマーケット2010にて

左にリンクが貼ってある「キュリオキッズ」さんと会ってきました。

イベント中は、精力的に動いてらっしゃいましたので、声掛けのタイミングがなかなか合わず、苦戦しましたが、終了直前コンタクト成功!

ゲーム算数をどう広めていくのがよいのか?

お話してきました。

一番のネックは、

「こういった文化がない」

ということ。

最近は、トランプも知らない子がとっても多い状況。

そんな中で、どう理解してもらうか?

当たり前のことですが、

「体験してもらう」

これに勝るものはない感じです。

では、体験の場をどう作っていったらいいのか?

が、次の課題になります。

子供と大人がいて、団体である。

といえば、学校なんですが、

学校自体が動き出すのは、難しいと思われます。

なので、狙いは「PTA」

ここが一つの突破口になるのではないでしょうか。

PTAの役員をする人って、いろんなものに興味を持つタイプが多い気がしているんです。

(教員時代の自分の感想なんで、なんとも言えませんが^^;)

なので、食い付きとかよさそうな気がしています。

 

PTAではないですが、塾に来ているおうちの方から、

出張授業ができないか?と相談を受けました。

ママ友関係の広がりです。

 

お母さん方に、上手に、考え方を伝えることができるように頑張っていかないといけないなと思った東京めぐりになりました。

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »