最近のトラックバック

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

ブログランキング

  • 教育ブログランキングに参加しています
    にほんブログ村 教育ブログへ

ツイッター

  • ツイッター

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010年10月12日 (火)

オリジナルゲームその9「かけざんかるた」

用意するもの

「1×1」~「9×9」までの掛け算の式を書いたカード・・・81枚

掛け算の答えを書いたカード

------

式を書いたカードが取り札になります。

プレイヤーは車座にすわり、取り札をばらまきます。

読手が

「24」

とか、答えの数を読み上げます。

プレイヤーは、その答えになる式のカードを取ります

例の場合なら、

「3×8」「8×3」「4×6」「6×4」が対象になります。

早く取れるなら、2枚目、3枚目もとりに行くことができます。

答えを1個残して、ゲームは終了です。

たくさん取り札を取ったプレイヤーの勝ちです。

ーーー

ポイント

ひとつの答えで、取り札が複数ある場合があるので

いつも早い子がとってしまうということが起きません。

もちろん、早い子が勝ちやすくなっているので、

早い子も遅い子も納得して遊ぶことができます。

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »