最近のトラックバック

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

ブログランキング

  • 教育ブログランキングに参加しています
    にほんブログ村 教育ブログへ

ツイッター

  • ツイッター

« エンジンのついた子ども達(昔の記事) | トップページ | 考える力は、考えた人にしかやってこない »

2011年3月 6日 (日)

オンリーワンならナンバーワンじゃないの?(昔の記事)

 タイトルから分かると思いますが、SMAPのヒットソング「世界で一つだけの花」についてです。

 この曲、どうもひっかかる。

なんか好きになれないんですよね。

 で、考えた。

 「ナンバーワンにならなくてもいい」のところ。

 ナンバーワンを目指して頑張ってる人にとっては、自己否定されてるみたいで気分悪いんじゃないかと思うんです。

 競争競技はダメですか?

 とか考えてたら、今年の選抜高校野球の入場曲ですか。

 何か優勝しづらいなあとか考えちゃわないか。

 歌詞へのツッコミを続けると、

 「花屋の店先に並んだ花を見ていた…どれもきれいだね」

 当たり前でしょ。

売り物なんだから。

 栽培している人が丹精こめて育てた中から、なおかつ、見栄えよく上手に咲いた花だけ花屋さんにくるんじゃないの?

 もう、ここで競争してきたナンバーワンの花達なんじゃないんですか?

 それに、もう切花なので、その先がその花にはないところも気になる。

 野に咲く花なら、種を残し、枯れていくことができるけど、花屋の花にはそれができない。

 ちょっと、花屋の花って可哀想になってきません?

 「そうさぼくらは世界で一つだけの花、一つ一つ違う種を持つ、その花を咲かせることだけに一生懸命になればいい」

 「その花を咲かせることだけ」の「だけ」って言葉が引っかかる。

 どうも自分のこと「だけ」やればいいみたいにとれてしまう。

 後、「その花」がどんな花なのか分かる人ってどれくらいいるんだろ?

 これが私の生きる道って分かって、頑張ってる人ってどれくらいいるんだろ?

 ほとんどの人が分かんないんじゃないかと思います。

 とはいえ、ここで「その花を咲かせることだけに一生懸命になればいい」と言ってるところは評価。

 最後の最後の、「ナンバーワンにならなくてもいい、もともと特別なオンリーワン」の部分が強調されるとちょっと…

 自己努力なしでも、「もともと」特別なオンリーワンだもんねと開き直る輩がでてきそうなので。

 
最後に屁理屈。

 「オンリーワンなら競争相手いないからナンバーワンだね」です。

« エンジンのついた子ども達(昔の記事) | トップページ | 考える力は、考えた人にしかやってこない »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/75110/39130520

この記事へのトラックバック一覧です: オンリーワンならナンバーワンじゃないの?(昔の記事):

« エンジンのついた子ども達(昔の記事) | トップページ | 考える力は、考えた人にしかやってこない »