最近のトラックバック

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

ブログランキング

  • 教育ブログランキングに参加しています
    にほんブログ村 教育ブログへ

ツイッター

  • ツイッター

« 内申点を自己申告制にしちゃいましょう | トップページ | ミクシィ日記の転載(かけ算) »

2011年12月18日 (日)

懐かしい思い出の問題

四谷大塚全国統一小学生テスト5年算数に、

懐かしい問題が出てました。

ウロコ先生のブログ

こちらは、3辺と周の長さが分かっていて、1辺を求めるもので、

四谷のは、4辺が分かっていて、ある1辺を求める問題と、周の長さを求める問題でした。

正解率は、

ある1辺を求める方が、39.8%

周の長さを求める方が、18.2%

解説書の解き方は、

大きな正三角形を基にして求めるもの。

なんと、自分が解いた方法でした。

いろんな解き方をいろんな人たちが出し合って、とても思い出深い問題です。

懐かしいなあ。

4年前か~。

« 内申点を自己申告制にしちゃいましょう | トップページ | ミクシィ日記の転載(かけ算) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/75110/43426115

この記事へのトラックバック一覧です: 懐かしい思い出の問題:

« 内申点を自己申告制にしちゃいましょう | トップページ | ミクシィ日記の転載(かけ算) »