最近のトラックバック

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

ブログランキング

  • 教育ブログランキングに参加しています
    にほんブログ村 教育ブログへ

ツイッター

  • ツイッター

« 何か腹が立つ | トップページ | ゆりあぴーすとく~みん »

2012年5月 3日 (木)

宿題に対する考え

6年生RちゃんにSちゃんは同級生。

5年生の時、Rちゃんが宿題に対して、よく愚痴を言っていた。

「多すぎ。つまらない。めんどうくさい。」

漢字は何回も書くタイプ。

計算ドリルも大量タイプ。

で、

「先生に提案したら?

勉強したくないわけじゃないけど、この宿題は嫌だって」

学級全体がそう思っていたようで、3学期は、量が減ったのだ。

そして、新学期。

クラス替えがあって、Rちゃんは別の先生が担任に。

そして、Sちゃんが、Rちゃんの5年のときの先生が担任になった。

Rちゃんは、

「今度の先生の宿題は、量も内容もちょうどいいよ~」

とご機嫌だった。

が、

Sちゃんは

「めちゃくちゃ多くてタマラン」

う~ん、去年の子供の直談判は効果なしのようです。

宿題についてもっと研究してほしいってことは前にも書いたけど、

ほんとどうにかしてほしい。

特に今回は子供からそういう声を聞いたんだから、なおさら、見直してほしかった。

Rちゃんは、先生に発言できるタイプだけど、

Sちゃんは、難しいから、

去年みたいに、言って、どうこうするのは難しいんだよなあ。

« 何か腹が立つ | トップページ | ゆりあぴーすとく~みん »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/75110/45123439

この記事へのトラックバック一覧です: 宿題に対する考え:

« 何か腹が立つ | トップページ | ゆりあぴーすとく~みん »