最近のトラックバック

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

ブログランキング

  • 教育ブログランキングに参加しています
    にほんブログ村 教育ブログへ

ツイッター

  • ツイッター

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

2012年6月22日 (金)

この広告は逆効果のような気がする

某大手塾の桃花台校の広告で。

「中間テストで好発進」

とタイトルが付いていて、各学校のトップ10入りした人数が出てました。

1年…8人

2年…4人

3年…1人

学年が上がるに従って、減ってる!!!

で、

「見てください。これが○○塾の定期試験対策の成果です!」

と書いてある…

どう見ても、逆宣伝にしか見えないんですががが…

2012年6月10日 (日)

数学❤女子学園

 

第1話のさゆパンの2段階証明とか、

10~11話の、変則ポーカーとか面白かった。

囚人のジレンマとか、 モンティー・ホール問題とか有名どころもネタになってて、

うまく料理すると、もっと面白くなったと思うんだけど、中途半端感ががが…

脚本をもっと練って、セカンドシーズンを目指してほしい。

ニーナが数学番長になったから、2は、他の数専とのバトルね。

キャラ設定をもう少し練って、各キャラ得意分野を与える。

さゆはデジタル系、おかみさんはパワー系(って数学関係ないか)マミーは推理系。

ニーナはオールラウンダー(デジタル除く)

かずきは、ひらめき系。

まあ、論理少女みたいな感じ?

 

明太子パンが、ヤッターマンのメカの元みたいな感じの扱い。

解法がひらめかないときに、さゆが

「ニーナ様!明太子パンよ!」

「パク!ぴこ~~~ん」

みたいな感じ。

で、敵も明太子パンを渡さない作戦とかしてきて、

おかみさんが

「代わりに、明太子おにぎり!」

って渡すけど、エネルギー不足でピンチ。

もう一度、さゆがパンを投げる。

「その手は通用しない!」って敵がパンを防いだら、実は

さゆ「引っかかったわね。それは、かずきの焼きそばパンよ」

とか言って、ニーナに明太子パンが手渡って逆転!とか…

う~~~ん。いろいろ出てくるなあ。

そうだ!

学芸会でやってしまおう。

小学校だから、

「算数❤女子学園」

決め台詞は何にしよう?

「底辺、×高さ、÷2」かな?

2012年6月 7日 (木)

学校で教えないで教えることをどうやる?

   

1冊目の著者は偶然にも、

うちに通ってる子のお母さんの同級生だそうで。

学生時代はまったく勉強してる雰囲気がないけど、頭良かったんだそうです。

最近だんだん

「教えないで教える」

というものが見直されてきたように思います。

けど、

ずっと昔からそうだったんですよね。

とよ爺のつぶやき

さて、今は塾という枠組みで仕事しているので

上記のことが比較的やりやすい状況ですが、

これを学校現場でどうやって行くのか?が重要!

一番長い時間いるのは学校なんだから、そこで、これができないことには何にもならない。

学級という集団であることをメリットに変えつつ、

個人の限界までの思考を要求する展開にしないといけない。

今ある教科書の指導書を根っこからひっくり返すものにしないと。

知り合いの小学校の先生と協力して、

1時間でもそういう授業の開発をしていこうと思う。

その小学校の上の人に止められなければなんだけど…

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »