最近のトラックバック

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

ブログランキング

  • 教育ブログランキングに参加しています
    にほんブログ村 教育ブログへ

ツイッター

  • ツイッター

« 中学における学力差(ミクシィ日記改変版) | トップページ | 割り算の難しい個所(誤答例集め編) »

2012年7月16日 (月)

できないのは普通と思った方がいいのかもしれない

「厚さ4ミリの本と厚さ5ミリの本を重ねたら、厚さは何ミリになりますか」

4-5=1

1ミリ

小学校3年生の子。

引いてから割る2段階の問題が中3で解けない話を前に書きましたが、

四則計算ができるというのは高度なことなのかもしれません。

できないのが普通だと思って、トレーニング法を新しく考えていく必要がある気がします。

« 中学における学力差(ミクシィ日記改変版) | トップページ | 割り算の難しい個所(誤答例集め編) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/75110/46348480

この記事へのトラックバック一覧です: できないのは普通と思った方がいいのかもしれない:

« 中学における学力差(ミクシィ日記改変版) | トップページ | 割り算の難しい個所(誤答例集め編) »