最近のトラックバック

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

ブログランキング

  • 教育ブログランキングに参加しています
    にほんブログ村 教育ブログへ

ツイッター

  • ツイッター

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

2012年9月25日 (火)

ヒットアンドブロー問題2

先週の問題の答えは、

「5039」

でした。

先週のは1回目と言うことで、プレイヤーは私で、答えも一つに決まるものを出しました。

今週は、子供たちの回答を問題にしていきます。

一手パスの手(以下・・・パス手)も入ってますし、途中で答えが一つに決まった後も続いたりします。

パス手を見つけたり、どのターンで答えが確定するかも考えてください。

また、運がよく、候補手がまだある場合もあります。

では問題です。

0123 2B

1542 2B

5034 1A1B

2014 2B

5467 1A1B

5148 1A

5906 1A1B

5720 2A2B

です。

ヌメロン・ヒット&ブロー・マスターマインド

2012年9月21日 (金)

広告突っ込みシリーズ

毎度の塾広告への突っ込みです。

「失敗しないテスト対策9カ条」

と言うタイトルで9個書いてありました。

突っ込むところはその中の1番最初の項目。

そこには、

「友達の「全然勉強してないよ」にはダマされないように」

と書いてありました。

人を疑うようなこと書いちゃだめだよ。

しかも、一番最初にこれ持ってくるとか。

ダマすとかダマされるとかそんな駆け引きする必要なんてどこにあるんだか。

そういう感覚で勉強することをとらえてるってところがもうダメ。

2012年9月18日 (火)

ヒットアンドブロー問題1

ヒットアンドブローの問題を週1で出していこうと思います。

頭の体操として、チャレンジしてみてください。

なお、ヒットアンドブローのルールは

ヒット and ブロー

過去記事で確認してください。

授業中で行われた試合の経過を正解の一つ前まで載せます。

一週間後の火曜日に、正解を発表して、次の問題を掲載していく形を取ります。

なお、実際の試合をそのまま載せますので、正解一つ前では解を一つに絞り切れない場合があります。

その時は、候補を全部挙げておいてください。

その中に正解があれば、正解とする方法で行きます。

では、今週の問題

1234 1A

1567 1B

8259 1A1B

0286 1B

7839 2A

7854 1B

以上です。

ヌメロン・ヒット&ブロー・マスターマインド

2012年9月11日 (火)

サイコロゲーム

サイコロゲームといえばすごろくですが、

普通のすごろくは、選択肢がないものがほとんど。

これでは、ゲームとしては楽しむことができません。

ゲームを面白くする要素の一つが「選択肢のちょうど良さ」があります。

少ないなら、運ゲーム。

多いと、何していいかわからないゲームになってしまいます。

人生ゲームは、2択の場面が少しあるだけなので、考えるゲームには合わないですね。

そういった点をうまく作ってるゲームと言うと、

猫とネズミの大レース

3~4人で遊んだ場合、4匹のねずみを担当します。

どれを動かすかで4択。

部屋に入ってチーズを食べるか、先へ進むかで2択。

2×4=8択を常に考えて行きます。

(途中でチーズを食べたら、6択→4択→2択と減りますが…)

次に

勝利への道

自分のコマ3つと中立の木のコマがあり、条件によってタイルを取っていきます。

その条件は最後にそのタイルから移動すること。

プラスのタイルに乗ったら、最後に動きたいところ。

マイナスならさっさと移動したい。

けど、マイナスをプラスにするタイルが手に入れば、マイナスは逆にお得。

と、その駒を動かすかの選択肢が実にバランスがよく、悩ませてくれます。

で、もう一つは、すごろくゲームではないですが、

最近、中2の子と盛り上がっているゲームを紹介します。

といっても、大昔のゲームで、もう売ってないんですが…(´・ω・`)ショボーン

それは、

The BIG野球

20面体さいころを振って遊ぶ野球ゲームです。

各選手の成績から作られたカードから、スターティングメンバーを決め、

打順、守備位置等も設定していきます。

そして、代打やバント、盗塁にヒットエンドラン等の作戦を駆使して試合を進めて行きます。

作戦一つ一つは、ほんの数パーセントぐらいの違いでも、ちょっとでも有利になるにはと考えを膨らませるところが、ほんとに監督になったみたいで楽しいんです。

ホビージャパンさんは最近、海外ゲームの日本語版をよく出してます。

ここは、この過去の名作を今一度、再販してほしいと思います!!!

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »