最近のトラックバック

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

ブログランキング

  • 教育ブログランキングに参加しています
    にほんブログ村 教育ブログへ

ツイッター

  • ツイッター

« 問題把握 | トップページ | ヒットアンドブロー問題1 »

2012年9月11日 (火)

サイコロゲーム

サイコロゲームといえばすごろくですが、

普通のすごろくは、選択肢がないものがほとんど。

これでは、ゲームとしては楽しむことができません。

ゲームを面白くする要素の一つが「選択肢のちょうど良さ」があります。

少ないなら、運ゲーム。

多いと、何していいかわからないゲームになってしまいます。

人生ゲームは、2択の場面が少しあるだけなので、考えるゲームには合わないですね。

そういった点をうまく作ってるゲームと言うと、

猫とネズミの大レース

3~4人で遊んだ場合、4匹のねずみを担当します。

どれを動かすかで4択。

部屋に入ってチーズを食べるか、先へ進むかで2択。

2×4=8択を常に考えて行きます。

(途中でチーズを食べたら、6択→4択→2択と減りますが…)

次に

勝利への道

自分のコマ3つと中立の木のコマがあり、条件によってタイルを取っていきます。

その条件は最後にそのタイルから移動すること。

プラスのタイルに乗ったら、最後に動きたいところ。

マイナスならさっさと移動したい。

けど、マイナスをプラスにするタイルが手に入れば、マイナスは逆にお得。

と、その駒を動かすかの選択肢が実にバランスがよく、悩ませてくれます。

で、もう一つは、すごろくゲームではないですが、

最近、中2の子と盛り上がっているゲームを紹介します。

といっても、大昔のゲームで、もう売ってないんですが…(´・ω・`)ショボーン

それは、

The BIG野球

20面体さいころを振って遊ぶ野球ゲームです。

各選手の成績から作られたカードから、スターティングメンバーを決め、

打順、守備位置等も設定していきます。

そして、代打やバント、盗塁にヒットエンドラン等の作戦を駆使して試合を進めて行きます。

作戦一つ一つは、ほんの数パーセントぐらいの違いでも、ちょっとでも有利になるにはと考えを膨らませるところが、ほんとに監督になったみたいで楽しいんです。

ホビージャパンさんは最近、海外ゲームの日本語版をよく出してます。

ここは、この過去の名作を今一度、再販してほしいと思います!!!

« 問題把握 | トップページ | ヒットアンドブロー問題1 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/75110/47039345

この記事へのトラックバック一覧です: サイコロゲーム:

« 問題把握 | トップページ | ヒットアンドブロー問題1 »