最近のトラックバック

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

ブログランキング

  • 教育ブログランキングに参加しています
    にほんブログ村 教育ブログへ

ツイッター

  • ツイッター

« 弱くても勝てます | トップページ | ヒットアンドブロー問題4 »

2012年10月 6日 (土)

割り算の筆算(足し算と引き算だけで)

47245÷159

を足し算と引き算だけでやってみましょう。

まず、下ごしらえ。

足し算します。

Wari2

159+159の筆算をして、159の2倍の318を出します。

Wari3

159を一つ指で隠して、159と2倍の318を足して、3倍の477を出します。

Wari4

指で159と318を隠して、一番上の159と477を足して、4倍の636を出します。

Wari5

同様に、159と4倍の636を足して、5倍の795を出します。

これで準備完了。

割り始めます。

まず、頭の3ケタで比較します。

472に一番近くて小さい数は、「2倍の318」

よって、商に「2」を書いて、472のしたに318を書きます。

Wari6

上から下を引いた結果は、154なので、159より小さい。

よって、下のケタに移ります。

「4」を下してくると、「1544」となります。

これに一番近いのは、「5倍の795」なので、商に「5」を書いて、1544の下に795を書きます。

Wari7

上から下を引いた結果は、「749」

また、一番近くて小さい数を調べます。

すると、「4倍の636」が当てはまります。

同じケタの数を比べているので、「5」の上に「4」を書き足します。

Wari8

また、上から下を引きます。

113になりました。159よりも小さくなったので、次のケタに移ります。

5を下してきて、「1135」にします。

数比べをすると「5倍の795」が一番近くて小さい数です。

Wari9

上から下を引くと、「340」となります。

数比べをします。

すると、「2倍の318」が一番近くて小さい数です。

Wari10

上から下を引きます。

22となり159より小さくなりました。

この下のケタもないので、ここで終わりです。

1の位は、「5倍」と「2倍」分なので、結果「7倍」分

十の位は、「5倍」と「4倍」分なので、結果「9倍」分

百の位は、「2倍」分

ということで、答えは、

「297あまり22」

となりました。

以前の記事、「割り算の筆算」

で、やってることは一緒です。

商を立てるのに悩んでる暇があったら、1~5倍の数を書いて見比べればいいんだよってことです。

慣れれば、3倍までで十分。

5倍→2倍+3倍

9倍→3倍+3倍+3倍

3回引き算するだけ。

割り算と言うよりは、「分け算」って感じの計算方法でした。

おわり。























« 弱くても勝てます | トップページ | ヒットアンドブロー問題4 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/75110/47336393

この記事へのトラックバック一覧です: 割り算の筆算(足し算と引き算だけで):

« 弱くても勝てます | トップページ | ヒットアンドブロー問題4 »