最近のトラックバック

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

ブログランキング

  • 教育ブログランキングに参加しています
    にほんブログ村 教育ブログへ

ツイッター

  • ツイッター

« できなかったらまた今度 | トップページ | 勘所をつかむその2 »

2013年1月25日 (金)

勘所をつかむ

新しいゲームを最初にプレイした時、

目の付けどころがいいかってのは、

勉強に置いての、最初のとっかかりがいいかってのに通じるものがある気がします。

そのゲームの勝ち筋に、いち早く辿りつけるか?

で、辿りつける子の方が、当たり前のことながら、そのゲームを楽しむことができるわけで。

同じように、勉強においても、勘所をうまくつかんだほうが、その勉強を楽しむことができる率が上がるってことです。

6,6,3,1年のグループでは、6年生の2人が勘所をつかむのが上手です。

で、2人上手なのがまたうまく作用します。

この二人が、高レベルで作戦を闘わせることで、1,3年生の子が、そのゲームで勝つための勘所を自然と掴むことができるんです。

これが1人だけだと、こうはうまくいかないです。

1人だけが独走しちゃって、他がついていけなくなっちゃうし、トップの子もそんなに作戦を考えなくても勝てちゃうから、考えなくなっちゃう。

やっぱり、ゲームは

「対人戦」

ができるゲームがいいなあって思います。

アナログでも、デジタルでも。

それと、

「ライバル」

の存在。

« できなかったらまた今度 | トップページ | 勘所をつかむその2 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/75110/48957028

この記事へのトラックバック一覧です: 勘所をつかむ:

« できなかったらまた今度 | トップページ | 勘所をつかむその2 »