最近のトラックバック

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

ブログランキング

  • 教育ブログランキングに参加しています
    にほんブログ村 教育ブログへ

ツイッター

  • ツイッター

« 読書感想文が書けないパターン | トップページ | いろんなことにチャレンジする »

2013年8月14日 (水)

ゲームというものを認識する

今日の中日新聞、近郊版より

迎琉歌ちゃんは、年中さんから将棋を始めたのか~

始めたばっかりの頃から、将棋と言うゲームを理解してたとは思わないけど、

あ、ここでの理解は

・二人で遊ぶ

・駒を動かして遊ぶ

・順番に駒を動かす

・駒の動かし方にルールがある

・勝ち負けがある

これぐらいの範囲のことです。

どんな感じで理解が進んでいったのだろう。

うちの広告で、最初は、「5歳~」

って出してたら、4歳の子が体験したいと言うことでOK出して、やってみたら、

その子がゲームってものがよく分かっててこれならいけるなってことで、来てもらうことにしました。

その後、広告の5歳のところを、「幼~」と書きなおして出してみたら、

年少・年中さんの問い合わせがちょくちょく入るようになったんですが、

体験学習の時に使うゲーム(アナログゲームの入門編みたいなの)でも、難しくて、来ていただけることがないという結果に(´・ω・`)ショボーン

で、最近は「年長~」に変更しました。

うちでは、ゲームってものが分からないとほんと意味ない場所なんで。

まあ、一回の体験学習だけだからということもあるけど、

小さい子がゲームを知る過程を知れば、

一回でも上手に行く方法があるかもしれないから、考えていくことは止めずに頑張っていこうと思います。

琉歌ちゃん、今は春日井市だけど、前は小牧市に住んでたこともあるんで、これからも注目なのです。

« 読書感想文が書けないパターン | トップページ | いろんなことにチャレンジする »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/75110/52883731

この記事へのトラックバック一覧です: ゲームというものを認識する:

« 読書感想文が書けないパターン | トップページ | いろんなことにチャレンジする »