最近のトラックバック

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

ブログランキング

  • 教育ブログランキングに参加しています
    にほんブログ村 教育ブログへ

ツイッター

  • ツイッター

« 早置き碁(ななろのごなど) | トップページ | 写真 »

2013年10月14日 (月)

世の中いろんなものがありすぎるから

 

これは、中高生向きの内容の数学ガール。

子供用の本棚に入ってます。

大人向けの本棚もいろいろ入ってます。

で、今日は何を思ったのかと言うと、

学校に図書室ってあるんだけど、

あれは児童・生徒用なわけですよ。

職員用のものがもっと充実するべきだと思うんです。

一応、あるんですけど、少ない予算から、おもに、教務主任が選択して購入するわけなので、方向性が合わないと、読めるもんが少ないってこともありますね。

で、

公的なものじゃなくて、自主活動的なもので、

職員図書コーナーってのを作って欲しいと思うのです。

本棚を職員室に置いて、

それぞれの職員が、

面白いと思った本(小説やマンガも含んで)に音楽CDに映像DVDなどなどを

持ち寄って、それを貸し借りするわけですよ。

特に小学校は、全科目受け持つこともあり、自分の苦手な科目に関する本はとっても重宝がられると思います。

それぞれの専門の先生が、苦手な先生をフォローして、全体のレベルを上げるのは、小学校ならではの研鑽の積み方だと思います。

 

音楽専科なのに、楽譜をほとんど持ってないとか、ありえないですよね。

世の中、あまりにも情報量が多すぎるから、一人で全部なんて、無理な話。

複数の目で、良いものを発掘し、共有することができれば、時間効率とかいいことたくさんありますから。

そして、塾では、保護者向け本棚ですね。

保護者の方にも、勉強してもらわなければいけません。

自分で教えられないから塾へなんておうちの子は、伸びないですからね。

親も勉強しないとダメダメ。

結局は、ずっと、勉強していきましょうって話になるんですが、

その手助けをする「本棚」があるといいねってことで、おしまい。

« 早置き碁(ななろのごなど) | トップページ | 写真 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/75110/53602159

この記事へのトラックバック一覧です: 世の中いろんなものがありすぎるから:

« 早置き碁(ななろのごなど) | トップページ | 写真 »