最近のトラックバック

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

ブログランキング

  • 教育ブログランキングに参加しています
    にほんブログ村 教育ブログへ

ツイッター

  • ツイッター

« 英語教育とかその他もろもろ | トップページ | 変わる型・変わらない型 »

2014年1月 3日 (金)

算数・数学の応用問題で

○△□☆○△□☆○△□☆○△□☆

と並んでいます。

50個並べた時、「☆」は何個?

という問題ありました。

来てた子は

○△□☆○△□☆○△□☆○△□☆○△□☆○△□☆

○△□☆○△□☆○△□☆○△□☆○△□☆○△□☆

○△

と50個全部書いて、数えて

「12個」

と答えにたどりつきました。

その後、

私がちょっと解説と言うことで、

○△□☆|○△□☆|○△□☆|○△□☆|

縦線を入れていきました。

「12個って、全部書かなくても出せる?」

と質問。

けど、残念ながら、これだけのヒントでは

50÷4=12・・・2

は出てきませんでした。

「4つごと」「4つずつ」などの情報から、「掛け算」「割り算」へつながらなかったんですね。

○△□☆

○△□☆

○△□☆

○△□☆

・・・

と4つごとに改行したりしたらどうだったのかなあ。

たとえ話になってしまいますが、

「周りの風景を楽しみながら歩いている子」が応用問題に強い子で、

「足もとばかり見て歩いている子」が応用問題が苦手な子

といった感覚を持っています。

別の問題を解いているときに、

「あれ、なんか前に見たことあるなあ」

って感覚です。

常に、違った方向から眺める癖をつけることが大事だと思います。

あらゆる問題に対して、解法を複数見つけるまで取り組むという方法もあります。

上記の問題なら、

全部書き出す、法則から必要な分だけ書く、割り算使うなどなど。

で、全部書き出すにしても、一列に書くのか、途中で改行するのかも違うとすると気分的に負担が少なくなっていいかなって思います。

○△□☆○△□☆○△

□☆○△□☆○△□☆

○△□☆○△□☆○△

□☆○△□☆○△□☆

○△□☆○△□☆○△

上のだと、

「10個ずつで改行してみた」場合です。

全部書きだすにしても、

書きだし方を変えれば、見えてくるものも変わってきて、

気づきが変化してくると思うのです。

☆の数は数えにくいですが、50個の方は間違えにくいですね。

なので、そんな気持ちで学校の授業を受けると、また違ってくると思いますよ。

「先生のやった方法以外に解く方法はないのかな?」

っていつも考える姿勢ですね。

こじつけでもいいから

「ちょっと違う」

のも

「違う」

にしちゃうくらいの勢いで。

« 英語教育とかその他もろもろ | トップページ | 変わる型・変わらない型 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/75110/54481482

この記事へのトラックバック一覧です: 算数・数学の応用問題で:

« 英語教育とかその他もろもろ | トップページ | 変わる型・変わらない型 »