最近のトラックバック

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

ブログランキング

  • 教育ブログランキングに参加しています
    にほんブログ村 教育ブログへ

ツイッター

  • ツイッター

« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »

2014年4月24日 (木)

学力テストと学力調査は違う

全国学力・学習状況調査(ぜんこくがくりょく・がくしゅうじょうきょうちょうさ)とは2007年より日本全国の小中学校の最高学年(小学6年生、中学3年生)全員を対象として行われるテストのことである。実施日は、毎年4月の第3もしくは第4火曜日としている。一般に「全国学力テスト」とも呼ばれるが、学力・学習状況の調査的性格のあるテストである。

~ウィキペディアから引用~

この前行われたのは、

「調査」

です。

「テスト」

ではありません。

2014年4月11日 (金)

先生、お勧めな本ありますか?

 

「先生、”0で割っちゃダメ”って話、すっごく面白かったです~」

もう、この子は、割り算の分母の数値が「0」かどうかいつも気にしていけるでしょう。

今回は、

勉強の仕方の一つとして、

「先生のお勧め本を読む」

というのを挙げたいと思います。

学校で、

「先生、○●(その先生の専科)に関係するお勧めの本ないですか?」

って聞くだけで、お宝本が!

その先生が、その科目の先生になったきっかけとか、

授業をするときのネタ本とか、

より深い理解に導いてくれる本に出会えるわけです。

先生に対して、こういったことを言っておくと、

その後、新しい本が出た時には、聞かなくても、先生の方から教えてくれたりもします。

自分で探そうと思ったら、どんだけ大変なことか。

もちろん、自分で探すってことも大事なんで、探すこともしてほしいです。

両方やってね。

2014年4月 1日 (火)

ビリギャル理系版は可能か???

ビリギャルは、英語と日本史と小論文に特化して、突破していきましたが、

理系だとどうなるんでしょう。

中2から診たある子は、

小1から復習を始めて、中3の1学期で、小3が終わりませんでした。

ビリギャルみたいに、週4も通ってくれないどころか、

週1・2時間→週1・1時間半と

逆に減ったし、

家庭学習もしてないので、当たり前と言えば当たり前の結果です。

ようは、やる気を出せなかったわけですが、

やる気を出した場合、

中2から始めて、

小1の復習からスタートで、

中3入試に間に合う事は可能なんだろうか?

同様に、高校で数学の偏差値が30スタートで

理系学科のある程度のところに合格することは可能なんだろうか?

オール1先生がいるんだけど、社会人になってからと言う事で、ちょっと外して。

ビリギャルでは、中学英語の基礎を11日間でとりあえず通過しているわけで、

ここのところが、数学で可能かなあ。

50週×2時間=100(よりも少ないけど)時間で、小1から小3の途中までしか持っていけなかった自分では、まったく思いつかないわ~。

« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »