最近のトラックバック

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

ブログランキング

  • 教育ブログランキングに参加しています
    にほんブログ村 教育ブログへ

ツイッター

  • ツイッター

« 2014年9月 | トップページ | 2014年12月 »

2014年11月19日 (水)

オリゲーその13と双六やりたい

中2の三角形の合同条件を覚える用ゲームを考えてみました。

AB=A’B’
AC=A’C’
BC=B’C’
∠A=∠A’
∠B=∠B’
∠C=∠C’
の6種類のカードを3枚ずつ、計18枚作ります。
(少人数で一クラス18人だから)
これを、ひとり1枚ずつ配ります。
また、記録用紙をひとり1枚ずつ配ります。
そしたら、ゲームスタート。
教室の中から、合同条件を満たす残り2人を探してきます。
見つかったら、3人1組になって、前にいる教師に報告。
1、AB=A’B’とAC=A’C’とBC=B’C’
2、AB=A’B’とAC=A’C’と∠A=∠A’
3、AB=A’B’とBC=B’C’と∠B=∠B’
4、AC=A’C’とBC=B’C’と∠C=∠C’
5、AB=A’B’と∠A=∠A’と∠B=∠B’
6、AC=A’C’と∠A=∠A’と∠C=∠C’
7、BC=B’C’と∠B=∠B’と∠C=∠C’
記録用紙に、1~7の番号を記入します。
そしたら、また、別の合同条件を満たす3人組を作りに行きます。
そして、一番早く、3種類作った人が勝ちになります。
最初にもらったカードが辺のカードだと、最大4種類できるので、ちょっと有利になります。
最初のカードが角だと、
2辺とその間の角1つと、1辺とその両端の角2つを作ることになります。
で、話は変わって、
授業でゲームをしているわけですが、今日、生徒が
「双六したいな~」
と言いました。
確かに、すごろくというか、ダイスを使ったゲームはなかったな~と思い返して、
この期末テスト週間中に、ダイスゲーを一つ作ってみるかと考えています。
とはいえ、思い付けるかどうかは未知。
テスト明けの授業に間に合うといいなあと思って、頭をひねってます。

2014年11月 5日 (水)

オリジナルゲームその12

今日は、3,4時間目が空きだったので、次のところのゲームを考えてみました。

Kaku
三角形のところです。
20°~140°までの角度のカードを2枚ずつ。
合計26枚作りました。
26枚なのは、トランプをカードスリーブに入れて作っているので、
トランプ1セットから2つ作るためです。
ジョーカーをいれると27枚までできますが、今回はこれで作ってみました。
それと、記録用紙が
Sankaku
これ。
ゲームの目的は、
鋭角三角形・直角三角形・鈍角三角形を早く完成させるというもの。
一グループが6人体制になっているので、
26枚を配ると、
1人4枚で2枚余ります。
で、
余った2枚は表向きにして、場札とします。
配られた4枚は手札として持ち、
まず、手札の4枚と場札2枚を組み合わせて、三角形ができるか計算します。
できていたら、記録用紙のその三角形の種類のところに角度を書き込みます。
それが終わったら、手番を決めて、ゲームスタート。
ババ抜きの要領で、右隣の人から1枚カードを取ります。
その手札と場札の2枚で、新しい三角形ができるか計算します。
この時、鋭角・直角・鈍角が同じものはカウントされません。
新しい種類の三角形ができたら、記録用紙に角度を書き込みます。
で、次の手番の人が、1枚カードを引いて、同じように調べていきます。
これを繰り返して、
3種類の三角形を一番最初に完成させた人が勝ち。
というルールです。
カードの下の線の色は、教科書の鋭角がピンク。
鈍角が水色を使って表されたものを利用しました。
色で、鋭角と鈍角を意識づけします。
とはいえ、今日、考えてカードセットは作ったものの、テストプレイは自分ひとりでやってみただけなので、どうなるかは未知数^^;
追記:
どう考えても、鈍角の比率が高すぎますね。
鈍角を1枚ずつにして、それぞれ鋭角に回したものでプレイしてみようと思います。

2014年11月 4日 (火)

オリジナルゲームその11

久しぶりに簡単お手製ゲームを作って、授業で遊んでみました。

中2の、「図形の調べ方」
角度の名前を覚えるゲームです。
Kaku3
上のような、角度の図を作ります。
対頂角が2箇所。
同位角が4箇所。
錯角が2箇所。
それぞれに対応した文字のカード。
対頂角が2枚。
同位角が4枚。
錯角が2枚。
これを、カードスリーブにトランプをいれて補強してから差し込めばカードセットの完成です。
遊び方は神経衰弱とほぼ同じ。
2枚めくって、角の図のカードと角の名前の文字カードが一致したらゲット!
違ったら、裏向きに戻す。
違うところは、枚数が少ないので、当たっても外れても1回で次の人へプレイが移るようにしました。
今回は、6人1グループでやったので。
人数少なければ、連続めくりでもいいかと思います。
あと、最後の2枚は今回は自動的に棚ぼたゲットにしました。
実力勝負にするなら、最後の一組は残して、試合終了にすればいいかと思います。
今日は、6人1組だったので、6試合して合計点数で競いました。
6試合で20分ぐらいでした。
中2でも、案外楽しくやってくれました。

« 2014年9月 | トップページ | 2014年12月 »