最近のトラックバック

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

ブログランキング

  • 教育ブログランキングに参加しています
    にほんブログ村 教育ブログへ

ツイッター

  • ツイッター

« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »

2015年3月15日 (日)

話をする気になる。話を聞く。

テストの問題の内容とか採点基準とか、

宿題の内容とか、評価基準とか、
子供たちにとっては、納得いかないものも出てきます。
その時、
「なんで、こうなの???」
という話をする気になる先生の存在が、自分は必要だと考える側です。
話を聞く側は、子供側にたった立場で話を聞く側です。
しかし、こういった行動を、
教師間の連携を乱す、
と捉える見方もあります。
指導に一貫性を持たすことができないからという理由で。
けど、納得できない指導法だから、子供たちは不満を持ってるわけで、
その点を、きちんとしてないまま、指導しようとしても無理が出てくるわけで、
そんな指導を聞けるかってなったのを、
無理やりその方向に押し込めようとしたら、
どうなるかは、想像がつくってもんです。
ということで、
これからも、
愚痴を聞く側に回って、妥協点を子供たちと探りながら、
ストレスをあまり溜め込まずに、
学校生活が送れるように、
気を使っていきたいなと思うわけです。

2015年3月 8日 (日)

やってもできるわけでなし…

中学の範囲なら

コツコツやれば
言われたとおりやれば
できるようになる。
と言われる教育関係者がいらっしゃいます。
(注)(自己検索からの話ですので、比率はどうかわかりません)
で、
できない場合は、
コツコツやってない
言ったとおりにやってない
からだ。
とおっしゃるのです。
-----
が、
この話の前提は、
「中学の範囲までは」
で始まってます。
ということは、
高校に行ったら???
この学習法は破綻するということを暗にほのめかしてます。
だったら、
最初から、高校で破綻しないような学習法を伝えないといけないのではないのですか?
と思うわけですよ。
-----
コツコツ型の子が、高校に行って、
コツコツでは時間切れでパンクとか
よくある典型例。
問題集3周型学習法も同様ですね。
-----
やるにしても、
やり方ってものがあるんだから、
やるかやらないかより、
どうやるか
を考えていきましょう。
場合によっては、やらないほうがいいこともありますから。

« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »