最近のトラックバック

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

ブログランキング

  • 教育ブログランキングに参加しています
    にほんブログ村 教育ブログへ

ツイッター

  • ツイッター

« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »

2015年5月17日 (日)

出来る子基準で

小テストとか、出来る子基準でやってます。

「一番早く出来た子から、10秒後に終了」
みたいなルール。
教科書の問題も、早く出来たら、ワークとかやってもらってますが、
できる限り、早く出来た子が、待ちくたびれない程度の時間で切ります。
苦手な子に合わせると、
苦手な子に甘えが出てきちゃう。
待ってくれる。
教えてくれる。
手助けしてる。
とかとか。
下に合わせるのは、あんまり好きじゃないんですよね。
賛否あるかと思いますが、こんな感じ。

2015年5月12日 (火)

澤口俊之(要約法)

発達障害について相談に行ったおうちから、

「要約法」
という指導をして欲しいと言われ、
なんぞそれ?
って検索してみたけど、出てこず。
---
「一般的な小学校低学年レベルからの国語の要約トレーニング」
---
ということなのだけど、
やろうとすると疑問点がどんどん出てくるわけで、
本文に対して、どれくらいの短さに要約するのか?
要約は添削は、口頭で伝える?
要約文に朱を入れる?
添削するとき、文法関係も添削するのか?
繰り返すと良いというが、同じ文章を連続なのか?
何種類かをローテーションなのか?
要約する文章はどうやって入手するのか?
要約できたと合格というか次のレベルに進む基準はなんなのか?
などなど。
なんか、普通の国語の授業すればいいの?って感じ。
全く具体的な話はされていなくて、
次の相談日も未定だそうで。
こんなんで、テレビに出てる(た?)人なの?
発達障害に適したというか特化したトレーニング法の部分が全くわからない。
普通の国語の勉強としか思えない。
で、その授業を受けてきて、今の状態なのに。

2015年5月 2日 (土)

ぜ、全滅?12機のリック・ドムが全滅?

授業用のネタ。

一時関数のグラフのところで。
Photo
方眼紙に、
12個点をうつ。
で、
12個の点を通るグラフをどんどん作っていく。
2個通ってるグラフの式ができたら、2個分とカウント。
全部の点を通る式を作り上げたら、ゴール。
---
授業の黒板の方にはB紙に方眼のマスを書いて、
点のところに、
「リックドム」のイラストを貼る。
一次関数のグラフは、
「ガンダムのビームライフルの弾道を表す」
で、
3分で、全部の式を考えついた生徒がいたら、
コンスコンの
「ぜ、全滅?12機のリック・ドムが全滅?」
「ば、化物か!?」
って感じ。

« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »