最近のトラックバック

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

ブログランキング

  • 教育ブログランキングに参加しています
    にほんブログ村 教育ブログへ

ツイッター

  • ツイッター

« 2015年11月 | トップページ | 2016年1月 »

2015年12月14日 (月)

アナログゲームを総合学習へ

ゲームを総合学習で扱うにはどうしましょう?

と考えてみました。
現在、広がっているゲームと言えば、
「囲碁」
これは、自分自身がやろうとして、やれなくて、仕事を辞めた因縁のゲームですが^^;
ページを見てみると、
・「文化」の面
・「思考」の面
・「コミュニケーション」の面
・「礼儀」の面
の4つが柱になってます。
文化の面では
ゲームの歴史などを中心に、古来から受け継がれてきたものであることを伝える
ことになります。
思考の面では
ゲームそのものをプレイすることから得られる
ことになります。
コミュニケーションの面では
対人ゲームであることから得られる
ことになります。
礼儀の面では
対人ゲームなので、勝ち負けが出てきた時の心の持ち方で得られる
ことになります。
なので、この4つの点を抑えれば、ゲームの部分はなんでもOKと考えます。
ただ、文化の面があるので、歴史のないものは取り上げにくくなると考えます。
次に、思考の面で、実戦をすることになるわけですが、
クラスの中でのレベル差を考えると、ハンデなどを入れやすいタイプのゲームが適しているということになります。
囲碁の場合、置き石というハンデもありますし、
ななろのご、9路、13路など盤の広さを変える等でも難易度を調整することができます。
その点で考えると、
将棋なら、
どうぶつしょうぎ、ごろごろどうぶつしょうぎ、おおきなもりのどうぶつしょうぎ、本将棋
といった感じです。
次に、ルールの把握が壁になるわけですが、
最近は昔に比べて、日本棋院や将棋連盟も普及活動に力を入れていて、
指導法もずいぶん発達してきています。
囲碁では、
水間俊文7段が有名です。
ということで、
文化、思考、コミュニケーション、礼儀の4点を柱に、
ゲームのルールの伝達、レベル別の工夫を入れて、
計画していくことで、
十分、総合学習として成り立つと思っています。
また、評価の点でも
文化、思考、コミュニケーション、礼儀の4点から見ていくことで所見等記述することができると思います。
ゲームとして扱うものとして、今の段階では
囲碁と将棋が2トップです。
歴史的にも文化的にも市民権得てますし。
しかし、これ以外のアナログゲームも
十分、教材になりえるものがあると思います。
それ単独で、取り上げるには難しい面もあるならば、
1学期・・・囲碁
2学期・・・将棋
3学期・・・トランプ
みたいな感じの構成も考えられると思います。
なんだかんだで、
10年前にできなかった無念を誰か晴らして~~~^^;
っていう記事でしたペコリ(o_ _)o))

プレイングルーム

小学校で、休みの時間に、体育委員会の子が、

「一輪車やボールの貸し出しを管理して」
遊んでいるところって、案外あると思うんですよ。
それのね、
室内版を作ることはできないかなあって思ってるんですよね。
空き教室に、
アナログゲームが棚にずら~~~っと置いてあって、
委員会の子が、遊びに来た子に貸してあげるの。
で、昼休み遊んで、
片づけて、
棚に戻して
って感じ。
20分の休みだから、正味10分で決着がつくゲームしかできないけど、
どうですかね。
やってみたいなあ。

2015年12月 9日 (水)

百人一首は国語の教材として認められるのに…

百人一首は国語の教材として認められている学校が多いと思います。

行事として、百人一首大会を開くところもこれまた多いですね。
しかし、
百人一首大会となったとたんに、それは、競技かるたになるわけです。
古典文学の学習から離れた存在になります。
けど、行われます。
翻って、数学は、数字を扱う学問です。
なので、数字に関するものを、教材として使用することも、
百人一首同様に認められてもいいんじゃないか!
と思うわけです。
しかし、
7並べも大富豪もスピードも、認められません。
この差はいったい何なのか???
勝ち負けにこだわってしまうからというのは、百人一首大会を開いているところは、
言えない言葉です。
もろに、勝ち負けの世界です。
7並べや大富豪やスピードが、
単元と関係ないからというのも言えません。
短歌の解釈鑑賞までは、単元でしょうが、
競技は単元に含まれてないはずです。
けど、百人一首は許される。
この差はいったい何なのか???
学校文化の無言の格付けというやつでしょうか?
百人一首、高尚。
トランプ、低俗。
みたいな感じ???
トランプの
配られたカードを整理し、情報を分析し、勝ちまでの道筋を考え、
ゲームの進行状況から、作戦を修正して、勝ちまでもっていく過程は、
もろ、数学だろ!
って考えている一人のゲームバカの独り言でしたペコリ(o_ _)o))

« 2015年11月 | トップページ | 2016年1月 »