最近のトラックバック

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

ブログランキング

  • 教育ブログランキングに参加しています
    にほんブログ村 教育ブログへ

ツイッター

  • ツイッター

« 評定4が危ない | トップページ | すぐ実践できるアクティブラーニング中学数学 »

2016年5月13日 (金)

「ABAB」の「4」が危ない

評定4が危ない

の補足みたいなやつです。
通知表の観点別項目は、
上から
意欲関心態度
思考
技能
知識理解
って並んでます。
なので、
「ABAB」だと
提出物はしっかりしていて、先生の覚えも良く、普通の計算問題はしっかりできているけど、
基本問題と応用問題はそこそこ止まり。
ということになります。
で、
「BABA」だと
提出物はいい加減で、先生受けもいまいち、でも、テストはしっかり点を取ってる。
って感じになります。
どっちが、高校に行ったとき大丈夫かといえば、
やっぱり、後者になりますよね。
これは、小学校でも、他教科でも、項目も順番は一緒なので、
図工とかだと、
2つ目と3つ目で、
「AB」は、アイディアが面白いが、仕上げはいまいち
「BA」は、アイディアは平凡だが、丁寧
となります。
小学校とかだと、Aの数しか数えないで見ちゃう子とかほとんどなので、
「ここがAなのが頑張ったね」的な声掛けをしていただけるといいなって思います。

« 評定4が危ない | トップページ | すぐ実践できるアクティブラーニング中学数学 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/75110/65469965

この記事へのトラックバック一覧です: 「ABAB」の「4」が危ない:

« 評定4が危ない | トップページ | すぐ実践できるアクティブラーニング中学数学 »