最近のトラックバック

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

ブログランキング

  • 教育ブログランキングに参加しています
    にほんブログ村 教育ブログへ

ツイッター

  • ツイッター

« 2016年3月 | トップページ | 2016年6月 »

2016年5月22日 (日)

すぐ実践できるアクティブラーニング中学数学

「教科別実践法」
って書いてあったんで、どんなもんかと思って買ったわけですが、
ほとんど「数学」関係なし。
「みんなで課題に取り組んで、みんなで乗り越えよう」
ってことしか書いてない印象です。
p19
「アクティブラーニングは部活のイメージ」
部活の顧問は細かいところに介入せずに、顧問がいなくても部員が自分たちの頭で考え、自分たちを高められる集団に作り上げようとします。
って
こんな部活知らないんだけど。
こんな部活だらけなら、真由子(仮)さんの運動は起きなかったわな~
「1人も見捨てない」のキーワードもたくさん出てきます。
「数学」っていう字が一番大きいですが、
話は全部
「1人も見捨てない」につながってました。
「数学」という学問についてどう力を伸ばすかという方向からの文章は無いです。
というか、
数学的には、ちょっと言葉足らずでおかしいところが出てきてます。
p98
関数のところで
「…身長と体重だって、互いに関係している。身長が100㎝の子供と170㎝の高校生では、当然高校生の方が体重は重い。…」
って書かれちゃってるし。
p100
の変化の割合では
「変化の割合は「両方変化するけど、変化する時の様子がいつも一定である」ということです。
って、書かれちゃってるし。
p106
「図形の証明はおもしろい」という生徒に助けてもらいましょう
と書いてあるけど、
証明を楽しいと思う子でも、合同条件を当てはめるだけのものは楽しいとは感じないだろとか。
おもしろいという生徒に助けてもらいましょうと書いたページから4ページ後には、
「楽しさだけでは不十分」
って見出しが来る。
そこの文で、
楽しい教材には生徒たちは喜んで取り組みます。しかし、大事なのはその次です。入試に出るような問題を解けなければいけないのです。学力の高い生徒はそのハードルを軽々超えますが、学力の厳しい生徒はそうではありません。しかし、アクティブラーニングの授業ならば、みんなでそのハードルを越えることができるのです。
って書いてあるわけですが、
「しかし」以降、
どうして、アクティブラーニングの授業だと乗り越えられるのか?
何ページ目に書かれているのか、見つけられませんでした。
それから、2020年に大学入試が変わるから、ウンヌンの言い回しも鼻につきますね。
入試制度に合わせて勉強するもんじゃないだろと思うんですけどね。
p148
学力の高い生徒から「先生が教えるべきだ」といわれる
に対する処方箋。
この意見を尊重すると書いてあるけど、
リーダーシップやら、人に教えることが、将来の自分の得になるという言葉で、
みんなで頑張るへ、話をもって行っちゃってる。
最初から最後まで
みんなで頑張れみんなで頑張れ
ってだけの本だった印象です。

2016年5月13日 (金)

「ABAB」の「4」が危ない

評定4が危ない

の補足みたいなやつです。
通知表の観点別項目は、
上から
意欲関心態度
思考
技能
知識理解
って並んでます。
なので、
「ABAB」だと
提出物はしっかりしていて、先生の覚えも良く、普通の計算問題はしっかりできているけど、
基本問題と応用問題はそこそこ止まり。
ということになります。
で、
「BABA」だと
提出物はいい加減で、先生受けもいまいち、でも、テストはしっかり点を取ってる。
って感じになります。
どっちが、高校に行ったとき大丈夫かといえば、
やっぱり、後者になりますよね。
これは、小学校でも、他教科でも、項目も順番は一緒なので、
図工とかだと、
2つ目と3つ目で、
「AB」は、アイディアが面白いが、仕上げはいまいち
「BA」は、アイディアは平凡だが、丁寧
となります。
小学校とかだと、Aの数しか数えないで見ちゃう子とかほとんどなので、
「ここがAなのが頑張ったね」的な声掛けをしていただけるといいなって思います。

2016年5月 8日 (日)

評定4が危ない

内申の評定が4平均だと、

合計36ぐらいになります。
そのくらいあると、そこそこの高校に進学することになります。
が、
教科の評定が4の場合、
高校に行ってからが大変!
特に、
数学・理科(中でも物理)で苦労するパターンが多いです。
高校側が、評定5の子基準で、
授業や課題を設定してきますから、
もう大変。
ただ、
評定4でも、大丈夫なパターンもあります。
観点別に、
BAAA
のタイプの子。
Bが「意欲関心態度」で、テスト自体はできてるタイプは案外安心。
4の中でも
ABABタイプが一番、危ないかな。
Aが「意欲関心態度」と「技能」で
Bが「応用」と「理解」
---
4取れてるからと思うと、危険ですね。
って、書いといて、
「得意だった子も苦戦してます」
って卒業生からメッセもらったりで、(;´・ω・)

2016年5月 4日 (水)

よくわかりませんわ

どっさり買ってみましたが、
「『学び合い』」(面倒だから、西川派と佐藤派まとめてこう書く。
とか、
アクティブラーニングとは、どういったもんなのか???
というののうち、
自分が知りたい部分が載ってない。
授業例がずらずらっと書いてあって、注意点が書いてある形で。
期待したのと違いすぎた。
これで、1万円近く出費だよ。
金かかるなあ~
( ;∀;)

« 2016年3月 | トップページ | 2016年6月 »