最近のトラックバック

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

ブログランキング

  • 教育ブログランキングに参加しています
    にほんブログ村 教育ブログへ

ツイッター

  • ツイッター

« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »

2016年9月19日 (月)

ワークは1回!

学校のテスト勉強の仕方で、

「ワーク3周」
というのが定番みたいな風潮ですが、
そこは、あえて
「ワークは1回」
を推していこうと思います。
とにかく、
「しっかりきっちり1回やる」
これ。
できなかった問題も、1回目の答え合わせで、しっかり押さえる。
だいたい、
「しっかりきっちり1回」やったら、
答え覚えちゃうから!
2周目の意味ないくらい集中して
「1回!」
ついでに、
2周3周やってる時間がもったいない。
1回で叩き込む。
こんなぐらいの気持ちで、1回目に取り組んでみ~

2016年9月 4日 (日)

できそうでできなさそうで頑張るとできる

人に教えるお仕事をしていて、案外多くの人から

「わかりやすい」
というお言葉をいただきます。
ありがとうございます。
でも、実際塾では、教えることがとっても少ない。
HPにも
「教えない」
って書いてある通り。
「できそうで、できなさそうで、頑張るとできる」レベルの課題を見繕って、与える。
後は、じ~っとやってる様子を見てるだけ。
で、この課題に対して、集中して、取り組み続けることができる子に、
「教える」
ことをし始めます。
ここで、耐えきれない子は、塾を去っていきます。
期間の長い入塾テストみたいなものですね。
簡単に
「教えてもらえる」
なんて考えてる子は、
「教えて」
も頭に入っていかないんですよね。
なので、まず、
「自分の頭で考える」
トレーニングから始めてもらってます。
耐えきった子はそれなりに満足した感覚でもって、
卒塾していってますよ。
さて、どれだけ耐えられるかなあ~

« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »