最近のトラックバック

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

ブログランキング

  • 教育ブログランキングに参加しています
    にほんブログ村 教育ブログへ

ツイッター

  • ツイッター

« 100マスの欠点 | トップページ | 忘却曲線 »

2017年5月12日 (金)

補助計算を消す子

文章題で、式を立てた。

暗算ではできないぞ。
となりに、ひっ算を書いて計算しよう。
と、
ここまでは、同じ。
で、
ここから、
勉強が苦手な子と、得意な子と分かれる。
苦手な子
ひっ算を消す。
得意な子
ひっ算を消さない。
今まで、見てきた子という範囲ですけど、
ひっ算を消さないで、勉強が苦手という組み合わせの子は
ほとんど見たことが無いというか、
ひとりも見たことが無い。
なぜ、消すのか???
よっぽど、消さなかったことで、恥ずかしい思いをしたのだろうか???
消して得られるメリットなんて、何にもないのに、消す。
ほんと、
「消さなくってもいいよ~」
ぐらいじゃ、直らない。
とはいっても、
「消すな!」
ということもできない。
やっぱり、
恥ずかしさが根底にあるのかなあ~

« 100マスの欠点 | トップページ | 忘却曲線 »

コメント

消したくなる気持ちわかってしまいます
なんか、周りの人はひっ算とかしてない気がして、自分がズルしたというか、周りより劣ってるんじゃないか、だから自分だけわかりやすい手段で計算してるんじゃないかという気持ちになってしまった記憶……まあ私の場合はそれよりも消す億劫さが勝っていましたが……

さっきツイッターで先走ってコメントというか、コメント付きでRTしましたが。

恥ずかしいか、間違えたら怖いか、どっちかだとは思うんですよね。

感情の発露としては、「恥ずかしい」なんていう社会性の高いものよりも、恐怖の方がよっぽど早くからありますよね。それこそ生まれた時に赤ん坊が泣いていたとすれば、そこにはすでにもう恐怖も内在されているのでは?というくらいに。脳下垂体的、間脳視床下部的なものだと思う...まあ扁桃体ぐらいにしておきましょうか(所在はどこでも良いのですが 笑)。

人間も生物として動物種の一種ですから、快ー不快、特に後者に関する警戒心というのは、寝ても醒めても24時間常にあるはずです。ホメオスタティックに。いわゆる常に不安と隣り合わせ状態は得てして正常、普通です。

とすると、恐怖があっての羞恥、恥ずかしいでしょう。

だからまず、「怒られる→怖い反応」が原初的発達段階でのプリミティヴ・セットとして後天的にノリ付けされていてそこに、「他の人と違う→怖い(恥ずかしい)反応」もついてくるのではないでしょうか。

先に「怒られる(恐怖)」があって、その後「人と違う(ことへの怖さ)」も出てくる。

...で。件の、なぜ消すか、ですが。

「人と違うから恥ずかしい」もあるかもだけど、その奥には、「怒られるのが怖い」もあるのではないかというのが結果、現時点の私の仮説です。

...いや、こう考えると、「消す子」ってむしろそっちの方が賢いかもしれないというか、逆に社会性高いですよね。
多分その方が普通だし多数派でしょう。社会性としてセンシティブだと思います。敏感。

で「残す子」って、あんまりそういうの気にならないタイプなんじゃないですか?

だから別に遺ってしまおうが消そうが、実はどっちでも良いんだと思います。そういう子にとっては。
消した方が良さそうなら消すし、そうでもなければどっちでも良いし。「消す子」の中に意地でも消す子がいるなら、逆に意地でも残す子もいるかもしれないし。
・・・まあ、敢えて残せというなら残しとくか。最初はその程度ではないでしょうか。

ていうか、しかし。皆んなが筆算残し出したら、ちょっとノートとかテストとか、落書きだらけになってそれはそれで厳しいですね。そもそも筆算真面目にしてくれれば良いけど、そのうち変な落書きだらけのノートも出て来かねない。

だから。筆算だけに限定するからおかしな話になるんじゃないかな。

もともと、筆算しただけで偉いはずです。どの子も。
私はそう思う。

で、せっかく筆算したんだから残せば良いのに!とどうしても思ってしまうのは、これは教師ならではの、”あらかじめできる”、”答えを知っている”者、大人ならではの目線であって.........子どもってどうしても消しちゃうんですよね〜。

私はまあどっちも子供らしいと言えばそう思えてしまうんですが、如何でしょうかね。

そりゃあ、じっくり一緒についているなら、
「ノートは広く(贅沢に)使って良いよ」
「筆算も残しといてくれたら見易いよ」
なんて口先では言いますけど、まあ皆んなが皆んな言った通りにはしませんね。

中々難しい問題だと思いました。
私も経験上思い当たる節のあるところだったので興味深い。
長々と、だらだらと、すみません。
ありがとうございました!(笑)。

@Madagascaさんコメントありがとうございます。
恥ずかしさよりも怖さですか。
確かに、おどおどしてしまう姿勢を見せる子もいます。
補助計算なので、ノート一面が埋まってしまうことはないでしょうけど、
見た目が美しく感じないということはあるのかもしれません。
ただ、きれいに消す子もいるけど、
中途半端に汚く消す子も一定数いますね。
そういう子は、先に言われた「恐怖を感じる子」なのかもしれません。
まあ、どういうノートをきれいなノートというのかは、また別の美意識問題ですね~

名無しさん、コメントありがとうございます。
周りの目が気になるということですね。
補助計算が必要になってくるのが、3,4年生なので、確かに、他者を気にする年代と合いますね。
テストの点数も隠すし。
他者の目は予想以上に、プレッシャーがかかるってことですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/75110/70544639

この記事へのトラックバック一覧です: 補助計算を消す子:

« 100マスの欠点 | トップページ | 忘却曲線 »