最近のトラックバック

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

ブログランキング

  • 教育ブログランキングに参加しています
    にほんブログ村 教育ブログへ

ツイッター

  • ツイッター

« 2018年2月 | トップページ | 2018年5月 »

2018年3月31日 (土)

賢者の勉強技術

なかなかおもしろかったです。
ただ、
はじきのてんとう虫が肯定的に取り上げられていたことと、
発達障害に関して、知見が無かったところなど、
ちょこちょこ、首をひねっちゃうところは、あります。
そりゃ、全部、そうそう、って本はないですわね。
「努力」と「苦労」は違う
宿題で学力はつかない
など、自分の考えていることがメインだったので、
紹介しておこうと思った次第です。

2018年3月27日 (火)

120点狙っていこ~

中学からは定期テストってものがあって、

順位がついて、
通知表も5段階になって、
進路ってものを考えたりしたりして、
大変になるわけですが、
ここで、
全教科85点狙い
っていう作戦を取る子もいるかと思います。
が、
あえて、その作戦は取らないでほしいと思います。
何故か???
まず、
中学レベルで85点では、
高校で、全く通用しない。
まず、とか書いてますけど、
ぶっちゃけ、これがすべての理由。
なので、
120点狙いで行ってほしいのです。
いやいや、
5教科120点は無理っしょ。
その通り。
なので、
科目を絞ります。
1科目集中。
ほかの科目は、授業をしっかり聞きましょう。
授業中、集中していれば、70点取れます。
70点取れなかったら、
もともと、小学校の勉強の抜けがあったか、
授業を真剣に受けてなかったか
どっちか。
そうなったら、70点に届かなかった理由、原因を探求しましょう。
そして、
勉強時間の大半は、
選んだ1科目に全振り。
最低でも100点、最高でも100点
狙っていきましょう。
「まあ、こんなくらいでいいだろう」
という油断から、できなくなっていきますから。
1科目でできなかったら、2科目もできない。
けど、1科目でできたら、2科目もできる。
一学期の中間テスト。
1科目でいいので
満点狙っていきましょう。

2018年3月 6日 (火)

掛け算順序考察その5

今回は、掛け算の順序を決めてルールの正答数とマゼマゼテストの正答数

と、
掛け算の順序は決めない正答数とマゼマゼテストの正答数で見ていきます。
Mamori
こちらが、ルール通りの順番を守った場合の分布図
で、
Mamorazu
こちらが、ルールは置いといて、掛け算した正答数とマゼマゼテストの正答数の分布図です。
相関グラフを見てみると、
ルールを守るというルールを課して、掛け算テストをした方が、
まぜまぜテストの出来との、相関がはっきり出るということが見られます。

2018年3月 2日 (金)

掛け算順序考察その4

掛け算の順序とは関係ありませんが、

まぜまぜプリントの、
問9、と問10
の逆思考の問題の正答率を見てみた。
問9・・・71%
問10・・55%
問9が、式が足し算になるもので
問10が、式が引き算になるものです。
足し算より引き算の方が、難しいってことなのかな?

2018年3月 1日 (木)

掛け算順序考察その3

まぜまぜプリント問7と問8は、

共に、掛け算の応用問題で
掛け算と引き算
掛け算と足し算の複合問題でした。
それぞれの正答率を見ると、
問7・・・57%
問8・・・37%
と大きく数値が離れました。
問7は、5×7=35、40-35=5
問8は、9×8=72、72+24=96
でしたが、小2にとっては、72も96も感覚的に捉えにくい大きい数だったと推測されます。

« 2018年2月 | トップページ | 2018年5月 »