最近のトラックバック

2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

ブログランキング

  • 教育ブログランキングに参加しています
    にほんブログ村 教育ブログへ

ツイッター

  • ツイッター

« 数学のワークの答え合わせというか、解いていったらどうなるか | トップページ | 連立方程式、解いてみた »

2018年5月30日 (水)

連立方程式での教科書の記述についてあれこれ

連立方程式の学習で、

教科書では、
加減法という名前の付いた文字の消去の方法が解説されています。
足したり、引いたりして、文字を消去していく方法ですね。
で、
最初は
1回足すか、引くことをすると、文字が1つ消去できる問題が載っています。
で、次に、
文字の係数が違っていて、「何倍かして」係数を同じにしてから、
足すか引くをするという問題が出てきます。
その時、
Ren3
画像の問題が例として挙げられ、
引いても文字が消去できないとコメントが入り、
係数を揃える
という操作に入っていくわけですが、
画像にあるように、
①式+③式で、答えが出てきます。
連立方程式の解を求めるという目標に向かうなら、
この方法でも構わない訳です。
最終的に、文字を1つずつ消去していき、解にたどり着けばいいわけです。
「この形の問題は、
このような操作によって
答えを求めることができます。」的な学習進行ってどうなんでしょ?

« 数学のワークの答え合わせというか、解いていったらどうなるか | トップページ | 連立方程式、解いてみた »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/75110/73588559

この記事へのトラックバック一覧です: 連立方程式での教科書の記述についてあれこれ:

« 数学のワークの答え合わせというか、解いていったらどうなるか | トップページ | 連立方程式、解いてみた »